新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【定番のフォルムはそのまま!】Antec社PCケースMicroATX対応「Dark Cube」を発表!

f:id:BooStudio:20210315232625j:plain

Antec社よりPCケースMicroATX対応「Dark Cube」を発表しました。

 

定評あるデザインはそのままキープして新しくなりました。

 

フロントパネルが「メッシュタイプ」と「強化ガラス」の2種類を用意しています。

f:id:BooStudio:20210315232625j:plain
f:id:BooStudio:20210315232622j:plain

「Dark Cube」の詳細はこちら

以前にRAZER社とコラボした「CUBE RAZER」のフォルムをそのまま少し大きくしてデザインを一新したバージョンです。

 

【彩光の蛇箱&8700k】Antec社 「CUBE RAZER」をレビュー

「Dark Cube」が大きく変わった点はケース内を手前にスライドすることでフレームが剝き出しになりパーツの入れ替えが簡単になりました。

 

f:id:BooStudio:20210315232620j:plain
f:id:BooStudio:20210315232630j:plain
f:id:BooStudio:20210315232628j:plain

フロントパネルに装備されているボタン1つで「LEDイルミネーション」をコントロールできるとのこと。

筆者が気になるポイント

CUBEシリーズは見た目は小さく見えますが実物はかなり大きいです。

 

「CUBE RAZER」の話になりますがボディサイズの割にケース内部は、やや狭く感じました。

 

グラフィックボードの全長は「350mm」まで対応していたので当時の中では「超ハイエンドPCケース」の位置づけでした。

 

「CUBE RAZER」のイルミネーションはグリーン固定でしたが「ノーマルCUBE」はお好きな色に変更できたので、正当に継承された点は嬉しいです。

 

今回、新しくなった「Dark Cube」はケース内部の「収納性」「拡張性」「作業性」がどのような進化しているか非常に気になるところです。

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

AD: N.K

主な仕様

フォームファクタ‐Micro‐ATXMini-Itx

冷却ファン‐フロント120/140mmx2、リア120mmx1

ラジエーター‐フロント240mm、リア120mmx1

ドライブベイ‐2.5インチ×1、3.5インチ×1

拡張スロット‐4スロット

グラフィックボード‐全長330mm

CPUクーラー‐全高175mm

電源ユニット‐奥行220mm

サイズ‐幅240mm×奥行き512mm×高さ406mm

重量‐10.2kg

インターフェース‐USB3.0x2、USB Type-Cx1、

オーディオ端子x2

アドレサブルRGB LED 

 

関連商品

話題のトレンド