新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【進化するIPS165Hz】ACER社27型ゲーミングモニター「VG270Sbmiipx」をレビュー

f:id:BooStudio:20200114220532j:plain
今回ご紹介するのは2019年12月5日に発売されたACER社27型165Hzゲーミングモニタ「VG270Sbmiipx」です。

「VG270Sbmiipx」はフルHD(1920×1080)でIPSパネル、リフレッシュレート「165Hz」が最大の特長です。

応答速度は「2ms」ですが現在、主流となる新機能を装備してます。

❶明暗のメリハリを表現する「HDR10」を認証!

❷リフレッシュレートは現行主流の「144Hz」よりも高速な「165Hz」に進化!

❸価格は3万円は前半でコスパ最強!

つまり「VG270Sbmiipx」の魅力は「安い!速い!綺麗!」の三拍子が揃っているということです。

標準規格は「144Hz」から「165Hz」へ

長い間、一般的なゲーミングモニターのリフレッシュレートは「144Hz」でした。

「165Hz」は以前から存在してましたが超高級モデルのみ採用されていました。

ついにエントリーモデルで「144Hz」から「165Hz」になりました。

リフレッシュレートの図解を描いたので参考にしていただけると幸いです。

f:id:BooStudio:20200113203348j:plain

コマとコマの間に、こんなモーションが存在してたなんて知らなかった!

リフレッシュレートが高いほどFPSでは「AIM」が上がりやすくなります。

またレースゲームでもコーナーへ進入のタイミングが良くなりタイムレコードが更新しやすくなります。

「VG270Sbmiipx」の特長

❶滑らかなゲーム環境を・・・AMD Radeon FreeSyncテクノロジー搭載で画像の表示遅延やカクツキのない映像で、ゲームの世界に入り込めます。

❷操作は直感的に・・・各種設定は Acer Display Widget で簡単に。 直感的な操作で表示モードやユーザープロフィール、画面の分割設定などお好みでカスタマイズできます。

❸目に優しい設計・・・眼精疲労を引き起こす要因であるフリッカー現象を抑制する「フリッカーレス・テクノロジー」やブルーライトを軽減する「ブルーライトシールド」を搭載しました。

開封の儀

f:id:BooStudio:20200113203601j:plain
f:id:BooStudio:20200113203612j:plain
f:id:BooStudio:20200113203604j:plain
f:id:BooStudio:20200113203608j:plain

外観

 

f:id:BooStudio:20200113203659j:plain

f:id:BooStudio:20200113203704j:plain

「VG270Sbmiipx」をチェックする

f:id:BooStudio:20200113203747j:plain

正面はゲーミングモニターの雰囲気が漂います。

f:id:BooStudio:20200113203835j:plain

モニター背面にはLEDなど装飾品は一切なく、上半分に「ヘアライン加工」が施されたスタイリッシュなデザインです。

背面の中央辺りに排気口があります。

f:id:BooStudio:20200113203918j:plain

排気口が上を向いているので埃が入りやすくて心配です。

パネル周りを見てみます。

パネルはフラットなのでゲーム用以外の普通モニターとしても使いやすいです。

f:id:BooStudio:20200113203945j:plain

ベゼル(縁)を見てみます。

f:id:BooStudio:20200113204007j:plain

ベゼルは「2mm」です。

f:id:BooStudio:20200113204032j:plain

画面を確認すると黒縁は「5mm」あるので(ベゼル2mm+黒枠5mm)合計すると「7mm」と非常に細いので2台並べても繋ぎ目が目立ちにくいです。

「VG270Sbmiipx」を組み立てる

組み立ては「ドライバー不要」で超簡単です!

まず脚と支柱を用意します。

脚は樹脂製です。

f:id:BooStudio:20200113204137j:plain
f:id:BooStudio:20200113204139j:plain

 脚と支柱のネジを合わせ接合していきます。

f:id:BooStudio:20200113204208j:plain
f:id:BooStudio:20200113204210j:plain

しっかり締めて完成!

f:id:BooStudio:20200113204235j:plain

f:id:BooStudio:20200113204235j:plain

次はモニター背面にスタンドに接合します。

f:id:BooStudio:20200113204342j:plain

 取り付け完了!

f:id:BooStudio:20200113203747j:plain

f:id:BooStudio:20200113203835j:plain

モニター背面の接合部分はこんな感じです。


f:id:BooStudio:20200113204647j:plain

首振りは、しっかり傾斜します。

f:id:BooStudio:20200113204725j:plain
f:id:BooStudio:20200113204727j:plain

ただし、上下にスライドしません。

モニターアーム「VESA」も対応します。

f:id:BooStudio:20200113204810j:plain
f:id:BooStudio:20200113204814j:plain

「VG270Sbmiipx」にはピボット機能(90度回転)がないので用途に応じてモニターアームを活用しましょう!

最後にスピーカー内蔵です。

音質はあまり良くないですが、とりあえずエラー音など認識できれば良いという方には間に合うと思います。

f:id:BooStudio:20200113204910j:plain

デザインはスタイリッシュでカッコいいです!

ケーブル周りの準備

f:id:BooStudio:20200113204957j:plain

電源ケーブル

❷DPケーブル

アダプターではないのでコンセント周りがスッキリします。

インターフェイスは「HDMI」「DP」「音声入出力」です。 

f:id:BooStudio:20200113205033j:plain

「DP」が1つ「HDMI」が2つあるので例えば「PS4」「XBOX」「PC」と繋げばゲームにおいてセレクターは不要で便利です。

電源ケーブル」と「DPケーブル」を接続します。

f:id:BooStudio:20200113205101j:plain

電源ケーブル」と「DPケーブル」を通すモールはありません。

気になったらケーブルバンドを用意して束ねてください。

モニター背面を見てみます。

f:id:BooStudio:20200113205129j:plain

機能呼び出しの背面のコントローラーはジョグ式でメニューを選択します。 緑矢印が電源ボタンです。 接続準備が終わり電源ケーブルをコンセントに挿してスイッチオン!

スイッチオン!

最初に「色味」をチェックします。

まず白い画面を見てみます。

真っ白ですが、少し暗い気がします。

f:id:BooStudio:20200113205256j:plain

今のところ点灯しない箇所「ドット欠け」はありません。

黒い点灯画面を見てみます。

f:id:BooStudio:20200113205325j:plain

光漏れは少々ありますが、かなり良いほうだと思います。

個体差はありますが酷い場合はフレームの隙間から光漏れがあるので今回の「VG270Sbmiipx」は全く漏れてないので当たりくじを引いた気分です。

次は「RGB」の色味をチェックします。

サイド(視野角)も一緒にまとめました。

f:id:BooStudio:20200113205345j:plain

f:id:BooStudio:20200113205347j:plain

f:id:BooStudio:20200113205353j:plain

赤と緑は少々、ムラが目立ちます。

青が綺麗に映っています。

f:id:BooStudio:20200113205429j:plain
f:id:BooStudio:20200113205433j:plain
f:id:BooStudio:20200113205439j:plain

IPSパネルならでは「色味」に変化が少なくて良いです。

ドット欠けをチェックしましたが見当たらなくてホッとしました。

ゲーム画面を見てみます。

あえて「デフォルト設定」でゲーム画面をチェックしてみます。

f:id:BooStudio:20200113205652j:plain

カメラの映りが良くないのは、ご了承ください。

最初に感じたのは今まで購入してきたIPSパネルの中では「色が薄い」と感じました。

「色が薄い」のは悪い意味でなく眼が疲れにくいといった印象です。

暗いシーンを見てみます。

f:id:BooStudio:20200113205746j:plain

f:id:BooStudio:20200113205748j:plain

暗い場面でも「黒潰れ」が起きることなく細部を認識できます。

白く明るい場面でも問題ありませんでした。

画面に近づきドットを見てみます。

f:id:BooStudio:20200113205827j:plain

おぉー!ボケてない!(カメラ視線はボケてますが・・・)

例えばWQHDからFullHDにダウンコンバートした際に発生する「画面ボケ」とは違いドットがクッキリして見やすいです。

HDR10を見比べてみます。

サンプル画像は「SHADOW OF THE TOMB RADER」を用います。

左「ON」、右「OFF」

f:id:BooStudio:20200113205913j:plain
f:id:BooStudio:20200113205910j:plain
f:id:BooStudio:20200113205900j:plain
f:id:BooStudio:20200113205858j:plain
f:id:BooStudio:20200113205902j:plain
f:id:BooStudio:20200113205905j:plain

全然、違います!

コントラストがハッキリするだけでなく色鮮やかさが鮮明です。

また立体感が増し、ゲームの世界観に没入してしまいます。

HDR対応ゲームなら是非、活用してください。

最後に簡単なモニター機能を紹介していきます。

❶画質調整

f:id:BooStudio:20200113210437j:plain

❷カラー

f:id:BooStudio:20200113210457j:plain

❸オーディオ

f:id:BooStudio:20200113210529j:plain

❹ゲーミング

f:id:BooStudio:20200113210556j:plain

FPS」「TPS」など画面中央に照準を貼り付けることによって、あらかじめ敵に攻撃しやすくなるようアシストします。

照準は「白」なのでゲーム中に邪魔になりにくくプレイに集中できます。

f:id:BooStudio:20200113210632j:plain
f:id:BooStudio:20200113210636j:plain
f:id:BooStudio:20200113210627j:plain

例えば、このように活用していきます。

アシスト、右「ON」、左「OFF」

f:id:BooStudio:20200113210721j:plain
f:id:BooStudio:20200113210716j:plain
f:id:BooStudio:20200113210707j:plain
f:id:BooStudio:20200113210711j:plain

あくまで入門者向けの機能なので慣れたら外したほうがプレイしやすくなります。

使ってみた感想

第一印象は「色が薄い」ことです。

筆者はコントラストが効いて色が濃い方が好みなので自力で調整しましたが「色は薄い」ままでした。

メリットで言えば眼が疲れにくい点ですが、少し物足りない気がしました。

調整幅が小さくお好みの画質を設定するのは難しいと思います。

ドットはクッキリしているので見やすかったです。

決して画質は悪くないです。

ただ調整が難しいと言っておきます。

「165Hz」の違いですが「144Hz」と比べて、若干、滑らかさを感じました。

確かに違いは認識できます。

例えば・・・ 。

「60fps」→「120fps」は体感的に大きく変わる!

「120fps」→「144Hz」は分かる人には分かる!

「120fps」→「165Hz」は、かなり滑らか!AIMが良くなる!

しかし「144Hz」→「165Hz」は違いは分かるが、若干、滑らかになる! といった筆者の感想です。

お手持ちの「144Hz」から買い替えのメリットは少ないと思います。

良かったところ

❶3万円前半で「HDR10」「165Hz」の性能が完備していること。

❷電源スイッチの反応が速い! 切り替えは4~5秒くらいです。

❸付属品が最低限で済ませており邪魔にならなくて良いです。

付属品やスタンドのコストを大きく抑えることによってモニター性能に注力できた点が企業努力が伝わり、とても良い商品と感じました。

残念な点、注意する点

❶「色が薄い」点が少々、不満でした。

❷調整幅が狭くお好みの画質調整が難しい

❸樹脂製のスタンドが軽いため重心のバランスが悪くフラフラする。

総評

時代はIPSパネル「165Hz」が標準規格化していく立役者となる「VG270Sbmiipx」は非常に安価で高性能なゲーミングモニターです。

付属品、スタンドなど最低限にコストを抑えることでパネル部分に注力しており企業努力が伺える素晴らしいモニターだと思います。

いよいよ2020年は日本で「eスポーツ元年」と期待される年です。

大阪にeスポーツ専門会場「REDEE=REDEE WORLD」が2020年3月1日にオープン予定です。

これから日本は「eスポーツ」という新しいジャンルが燃えようとしています。

今からでも遅くありません!

勝つためには高速リフレッシュレート、ゲーミングモニターが欠かせません。

これからゲーミング環境を揃えるなら「VG270Sbmiipx」がおススメです。

リフレッシュレート「165Hz」と「HDR」の魅力にご堪能あれ!

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

もしも、お時間がございましたら、お立ち寄りいただければ幸いです。

「BooStudio」ツイッターはこちら

 

本日の1票をお願いします。


パソコンランキング AD: N.K

主な仕様

型番-VG270Sbmiipx

パネルサイズ-27型 ワイド

液晶パネル方式-IPSパネル搭載、非光沢

表示領域-597.90 × 336.30 ㎜

最大解像度-フルHD(1920x1080)、16:9

画素ピッチ-0.311 ㎜

表示色-1670万色 色再現性-98% sRGB

High Dynamic Range-HDR10対応

可視角度-水平178° / 垂直178°

輝度-250cd/㎡(白色LED

コントラスト比-最大:100,000,000 : 1(ACM)、通常:1,000 : 1

応答速度-2ms (GTG)、0.1ms (GTG, Min.)

FreeSync対応

入力周波数-水平HDMI : 30-185 kHz / DisplayPort : 185 kHz

垂直-48-165 Hz ※1

入力信号-デジタル

入力端子-HDMI 2.0 x2、DisplayPort v1.2 x1

音声入力端子-非搭載

ヘッドホン端子搭載

スピーカー-2W+2W ステレオスピーカー

表示アスペクト-フルモード:対応、固定拡大モード:対応、1:1モード:対応

その他の機能-ブルーライトシールド、フリッカーレス、ゼロフレーム

プラグ&プレイ-VESA DDC2B(DDC/CI対応)

電源入力-内蔵(100-240 V、50/60 Hz)

消費電力-通常(※弊社実測値):21W、最大:45W、スタンバイ/オフモード:0.50W / 0.40W

環境条件-温度:0~40℃-湿度:20~80%(結露のないこと)

各種適合規格-RoHS指令、J-Mossグリーンマーク、PCリサイクルPSE電気用品安全法)、MPRⅡ、ISO 9241-307、VCCI-B、FCC、CE、CCC

本体色-ブラック

角度・高さ調整-チルト角:上20°/下5°

スイベル機能:なし

高さ調整機能:なし

ピボット機能:なし

VESAマウント-100 × 100 ㎜

ケンジントンロック

寸法(WxHxD)-約612 x 452 x 240 mm

重量-スタンドあり: 約4.87kg、スタンドなし: 約4.42kg

主な付属品-DisplayPortケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、ユーザーガイド、台座、保証書

関連商品

Acer ワイドゲーミングディスプレイ VG270Sbmiipx 27型 IPS 1920x1080 フルHD 16:9 250cd 165Hz 2ms HDR HDMI

新品価格
¥31,319から
(2020/1/13 19:52時点)

【Amazon.co.jp限定】ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR-J 0.5ms 165Hz スリムベゼル G-SYNC Compatible FreeSync HDMI DP 高さ調整 縦横回転 3年保証

新品価格
¥27,980から
(2020/1/13 20:00時点)

ASUS ゲーミングモニター 湾曲ディスプレイ 27インチ ROG SWIFT PG27VQ (スリムベゼル/WQHD/1ms/165Hz/G-SYNC/ブルーライト軽減/昇降/DP/HDMI)

新品価格
¥115,350から
(2020/1/13 20:00時点)

Pixio PX7 ディスプレイ モニター [ 27 インチ 165hz IPS HDR 2560×1440 広色域 sRGB カバー率100% FreeSync G-SYNC Compatible対応 高さ調整 ] ゲーミング モニター ベゼルレス 27型 display monitor 【正規輸入品】

新品価格
¥47,980から
(2020/1/13 20:00時点)

ASUS TUFGaming ゲーミングモニター 31.5インチ湾曲VG32VQ

新品価格
¥54,916から
(2020/1/13 20:00時点)

話題のトレンド

「天気の子」Blu-rayスタンダード・エディション

新品価格
¥3,965から
(2020/1/13 19:56時点)

龍が如く7 光と闇の行方 【早期購入特典】DLC装備アイテム「真島建設備品セット」プロダクトコード 『龍が如く』コラボブランドグッズ抽選券 『龍が如く ONLINE』ゲーム内アイテム(「SSR春日 一番(ダンサー)」×1「SSR足立 宏一」×1) 同梱 - PS4

新品価格
¥7,621から
(2020/1/13 19:57時点)

お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます

Acer ワイドゲーミングディスプレイ VG270Sbmiipx 27型 IPS 1920x1080 フルHD 16:9 250cd 165Hz 2ms HDR HDMI

レビューはこちら



ASUSゲーミングモニター27インチ VG279Q 広視野角IPS 178°で応答速度1ms 144HZ/HDMI/DP/DVI/スリムベゼル/FreeSync対応/昇降ピボット/スピーカー付

レビューはこちら



GIGABYTE 27型 ゲーミングモニター AORUS AD27QD

レビューはこちら



ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG35VQ 35インチ曲面パネル(WLED/100Hz/FreeSync/DP/HDMIx2/昇降/フリッカーフリー/ブルーライト軽減)

レビューはこちら

ASUS ゲーミングモニター 34型 ウルトラワイドディスプレイ ROG SWIFT( フリッカフリー / 3440×1440 / GSYNC /Displayport, HDMI)PG348Q

レビューはこちら

ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG27VQ 27インチ曲面パネル(フルHD/144Hz/FreeSync/DP/HDMI/DVI/昇降/フリッカーフリー/ブルーライト軽減)

レビューはこちら

ASUS ゲーミングモニター ディスプレイ VA326H 31.5インチ VA カーブ フルHD 144HZ フリッカーフリー ブルーライト軽減 HDMI端子付 スピーカー内蔵 3年保証

レビューはこちら