新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【速くて美しい170Hz】ASUS社 27型170Hzゲーミングモニター「XG279Q」をレビュー

f:id:BooStudio:20200216205807j:plain

今回ご紹介するのは2020年1月に発売されたASUS社 27型170Hzゲーミングモニター「XG279Q」です。

 

「XG279Q」はWQHD(2540×1440)でIPSパネルを採用し高速なリフレッシュレート「170Hz」が最大の魅力です。

 

応答速度は「1ms(GTG」と非常に速く反応が良いです。

❶明暗のメリハリを表現する「HDR400」を認証!

❷リフレッシュレートは新世代IPSパネルは「165Hz」が主流のなか、更に一歩進んだ「170Hz」へリード!

❸G-SYNC互換として認定されておりVRR(可変リフレッシュレート)を有効にすることにより、シームレスで息を吞むゲーム体験を提供します。

新標準規格「165Hz」より一歩進んで「170Hz」へ

長い間、一般的なゲーミングモニターのリフレッシュレートは「144Hz」でした。

 

「165Hz」は以前から存在してましたが超高級モデルのみ採用されていました。 ついにエントリーモデルで「144Hz」から「165Hz」になりました。

 

更に「165Hz」から一歩リードして「170Hz」へ!! リフレッシュレートの図解を描いたので参考にしていただけると幸いです。

f:id:BooStudio:20200113203348j:plain

コマとコマの間に、こんなモーションが存在してたなんて知らなかった! リフレッシュレートが高いほどFPSでは「AIM」が上がりやすくなります。

 

またレースゲームでもコーナーへ進入のタイミングが良くなりタイムレコードが更新しやすくなります。

「XG279Q」の特長

❶27インチWQHD(2560 x 1440)プロゲーマーと没入型ゲームプレイ向けに設計された超高速170 * Hzリフレッシュレートを備えた高速IPSゲーミングモニター

ASUS Fast IPSテクノロジーにより、1msの応答時間(GTG)を実現し、高フレームレートで鮮明なゲームビジュアルを実現します。

❸G-SYNC互換として認定され、デフォルトでVRR(可変リフレッシュレート)を有効にすることにより、シームレスで涙のないゲーム体験を提供します。

ASUSエクストリームローモーションブラーシンク(ELMB SYNC)テクノロジーにより、ELMBとG-SYNC互換性が可能になり、高フレームレートでシャープなゲームビジュアルのゴーストやティアリングがなくなります。

❺プロフェッショナルな色域を備えた高ダイナミックレンジ(HDR)テクノロジーは、DCI-P3 95%色域およびDisplayHDR400認定を満たすコントラストと色性能を提供します。

開封の儀
f:id:BooStudio:20200216210018j:plain
f:id:BooStudio:20200216210031j:plain
f:id:BooStudio:20200216210100j:plain
f:id:BooStudio:20200216210028j:plain
f:id:BooStudio:20200216210021j:plain
f:id:BooStudio:20200216210025j:plain

内容物(電源ケーブル、電源アダプター、DPケーブル、USBケーブル、クイックガイド、LEDライトカバー、HDMIケーブル)

外観

f:id:BooStudio:20200216210155j:plain

f:id:BooStudio:20200216210157j:plain

「XG279Q」をチェックする

f:id:BooStudio:20200216210245j:plain

f:id:BooStudio:20200216210248j:plain

外観は「マヤ文明」をイメージした神秘的なデザインはファンの購入欲をくすぐります。

 

パネルはフラットですのでゲーム以外の用途にも対応します。

f:id:BooStudio:20200216210347j:plain

モニターを支えるスタンドが少し小さくなって置き場所に自由度が増しました。

f:id:BooStudio:20200216210436j:plain

初期の「ROG STRIXシリーズ」のモニターは前足が無駄に長かったので設置場所が困難でした。

 

モニター背面には大きく「ROG」のロゴが堂々と構えています。

f:id:BooStudio:20200216210457j:plain

支柱のトップにも「ROG」のロゴがあります。

f:id:BooStudio:20200216210522j:plain

ちなみにLEDは点灯しません。

 

てっきりLEDライティングが備わってると勘違いしてました。

 

まずモニタースタンドを組み立てみます。

f:id:BooStudio:20200216210541j:plain

モニター支柱のネジとスタンドのネジを合わせて締めます。

 

接合したら「LEDライトカバー」を嵌めます。

f:id:BooStudio:20200216210436j:plain
f:id:BooStudio:20200216210605j:plain

スイッチを入れればスタンド中央から下に向かってLEDライティングが照射します。

f:id:BooStudio:20200216205807j:plain

こんな感じで幻想的なゲーム空間を演出します。

 

とても綺麗に照射するので「ブラックガラス」テーブルなど用いれば更に光が乱反射してアクセントに良いですよ!

 

組み立てが終わるとズシッと高級感溢れるモニターが完成!

f:id:BooStudio:20200216210245j:plain
f:id:BooStudio:20200216210248j:plain

「XG279Q」は「ピボット機能」を搭載しているのでモニターを「90度回転」して縦画面になります。

f:id:BooStudio:20200216210744j:plain
f:id:BooStudio:20200216210745j:plain

「WEB」「テキスト」編集にも効率よく作業することができます。


モニターの傾き具合を見てみます。

f:id:BooStudio:20200216210839j:plain
f:id:BooStudio:20200216210837j:plain

あまり大きく傾きませんので、もっと傾きが欲しかったらモニターアームを導入すると良いと思います。

 

上下のストロークを見てみます。

f:id:BooStudio:20200216210921j:plain
f:id:BooStudio:20200216210920j:plain

上下のストロークは大きく伸びます。

ケーブル周りの準備

ケーブル類の準備をしていきます。

 

各ケーブル(DPケーブル、HDMIケーブル、USBケーブル)

f:id:BooStudio:20200216211150j:plain

電源ケーブルの先端

f:id:BooStudio:20200216211214j:plain
f:id:BooStudio:20200216211218j:plain
f:id:BooStudio:20200216211221j:plain

電源アダプター

f:id:BooStudio:20200216211239j:plain

電源アダプターは小さいですがコンセント周りが狭くて乱雑になりそうです。

 

モニター背面のインターフェース周りを見てみます。

f:id:BooStudio:20200216211304j:plain

HDMI(v2.0)」x2「DisplayPort 1.2」、USB3.0 Type-B x1、USB3.0 Type-A x2 が装備されてます。

 

各箇所に接続していきます。

f:id:BooStudio:20200216211327j:plain

背面に「HDMIケーブル」と「電源ケーブル」を接続しました。

 

接続したら背面カバーを取り付けます。

f:id:BooStudio:20200216211353j:plain

f:id:BooStudio:20200216211402j:plain
f:id:BooStudio:20200216211354j:plain

カバーを取り付けると見た目がスッキリします。

 

スタンドにケーブル類を通します。

f:id:BooStudio:20200216211435j:plain

作業はこれで終了!

 

非常に簡単でした!

 

最後にモニターアームを取り付ける説明もしておきます。

 

「XG279Q」は「VESA」対応しますのでモニターアームを使って自由なレイアウトを活用してください。

 

モニターアームの土台はこんな感じです。

f:id:BooStudio:20200216211503j:plain
f:id:BooStudio:20200216211506j:plain

支柱を設置する位置が決まったら「赤印」を回すと締め上げられます。

 

最初に「VESA」取付の蓋を開けスタンド部分を取り外します。

f:id:BooStudio:20200216211551j:plain
f:id:BooStudio:20200216211600j:plain

赤印にマイナスドライバーを入れてカバーを外します。

 

外したら支柱を左側に回転させます。(回転させるとカバーが外しやすくなります。)

f:id:BooStudio:20200216211628j:plain

回転させたらカバーを外してネジも外していきます。

f:id:BooStudio:20200216211649j:plain
f:id:BooStudio:20200216211651j:plain

モニターアームと接合します。

f:id:BooStudio:20200216211653j:plain

モニターアーム取り付け完了!

 

設置が終わって、いよいよ電源投入します。

 

スイッチオン!

f:id:BooStudio:20200216211810j:plain

背面の「ジョグコントロール」を使って各項目の設定を操作します。

 

まず最初に日本人なら言語を「日本語」に切り替えます。

f:id:BooStudio:20200216211852j:plain

「システム」→「言語」→「日本語」の順に操作してください。

 

それでは簡単にメニュー紹介をしていきます。

 

「ゲーミング」と「画像」

f:id:BooStudio:20200216211929j:plain
f:id:BooStudio:20200216211931j:plain

「色」と「入力選択」

f:id:BooStudio:20200216211956j:plain
f:id:BooStudio:20200216211959j:plain

「照明効果」と「MyFavorite」と「システム」

f:id:BooStudio:20200216212020j:plain
f:id:BooStudio:20200216212023j:plain
f:id:BooStudio:20200216212027j:plain

まず「ゲーミング」の中に「Game Plus」にFPSなど初心者向けのアシスト機能の照準が搭載されてます。

f:id:BooStudio:20200216212127j:plain

画面中央に照準マークが表示されます。

f:id:BooStudio:20200216212150j:plain
f:id:BooStudio:20200216212146j:plain

照準パターンはメニューの中から選べます。

 

ゲームに慣れてくると邪魔に感じてきます。

 

その時は初心者、卒業です!

 

「色」の中に「カラー」と「ガンマ」があります。

f:id:BooStudio:20200216212259j:plain
f:id:BooStudio:20200216212254j:plain

特に画質調整に拘りがなければ無理に設定しなくても大丈夫です。

 

「カラー」は簡単に画面全体の色を「ケルビン」で一括設定できるので効果を見ながらお好みの色味を探してください。

 

ガンマは暗部のシーンで設定すると分かりやすいです。

 

「照明効果」の中に「Aura Sync」「Aura RGB」「照明モーション」の設定があります。

f:id:BooStudio:20200216212421j:plain
f:id:BooStudio:20200216212425j:plain

「Aura Sync」はUSBケーブルを繋いでPCとリンクさせてPC全体としてLEDイルミネーションが駆動するので幻想的なゲーム空間を演出します。

 

インパクトは一番あります。

 

「Aura RGB」はモニター単体でLEDイルミネーションを楽しむことができます。

f:id:BooStudio:20200216212513j:plain
f:id:BooStudio:20200216212515j:plain
f:id:BooStudio:20200216212524j:plain

「照明モーション」はスタンドの下からロゴマークが照射されます。

f:id:BooStudio:20200216205807j:plain

光量の調整ができます。

 

では画面を見てみます。

 

最初に「黒」「白」の画面を確認してみます。

f:id:BooStudio:20200216212613j:plain

「黒」は4隅に光は確認できますが気にならない範囲です。

 

当たりくじを引いたくらい満足な「黒」です。

 

こればかりは個体差があるので仕方ありません。

f:id:BooStudio:20200216212617j:plain

「白」では、たまに「ドット欠け」を発見することができます。

 

とりあえず「ドット欠け」が見当たらなくて一安心!

 

「赤」「緑」「青」の画面を確認します。

f:id:BooStudio:20200216212620j:plain

f:id:BooStudio:20200216212615j:plain

f:id:BooStudio:20200216212618j:plain

今回の「XG279Q」の「RGB」は非常に綺麗です。

 

この良さげな予感は筆者好みのパネルとなりそうです。

f:id:BooStudio:20200217184150j:plain

ベゼル(縁)の太さを見てみます。

 

約8mmなので一般的な太さです。

 

ではゲーム画面を見てみます。

 

ゲームタイトルは「SHADOW OF THE TOMB RADER」です。

f:id:BooStudio:20200216212753j:plain

おぉー!かなり綺麗です。

 

正面から見ても「白っぽさ」が全くなくて明るく色鮮やかで観ているだけで気持ちが良いです。

 

「デフォルト設定」にもかかわらず、ここまで画面が綺麗だと画質設定は不要な感じです。

 

画質は画質は申し分ないくらい完成度が高いです。

 

視野角を確認します。

 

「左右」と「下」を見てみます。

f:id:BooStudio:20200216212819j:plain
f:id:BooStudio:20200216212822j:plain

f:id:BooStudio:20200216212825j:plain

IPSパネルの性質上「白み」はありますが色味は破綻せずゲームタイトルが識別できる範囲なので、かなり優秀な部類に入ると思います。

 

明暗のメリハリを表現する「HDR400」の効果を見てみます。

f:id:BooStudio:20200216212903j:plain

「HDR400」を検証するゲームタイトルは「バイオハザードre2」です。

 

HDR効果・・・左「ON」、右「OFF」

f:id:BooStudio:20200216212932j:plain
f:id:BooStudio:20200216212928j:plain
f:id:BooStudio:20200216212936j:plain
f:id:BooStudio:20200216212939j:plain

筆者個人の好みでは「HDR」は「OFF」の方が暗部が見やすくてゲームがしやすいです。

 

「XG279Q」の醍醐味であるリフレッシュレート「170Hz」の実力をみてみます。

 

リフレッシュレートのテスター「BLUR BUSTERS Motion Tests」を用いてフレームレートの違いを検証します。

f:id:BooStudio:20200216213022j:plain

見方としては「残像」の幅が大きいほど粗いということになります。

f:id:BooStudio:20200216213107j:plain

残像が細かいほど「コマ」の間に「コマ」がたくさんあるので滑らかなモーションとして認識できます。

 

スーパースローモーションカメラがあれば一目瞭然なのですが今回はスクリーンショットで判断していただけると幸いです。

 

「170Hz」と「120Hz」

f:id:BooStudio:20200216213207j:plain

「170Hz」と「144Hz」

f:id:BooStudio:20200216213246j:plain

ちなみに「60Hz」ではこんなにも差があります。

f:id:BooStudio:20200216213310j:plain

シーンをかえてみます。

 

「170Hz」と「60Hz」

f:id:BooStudio:20200216213339j:plain

「170Hz」と「144Hz」

f:id:BooStudio:20200216213447j:plain

「170Hz」と「60Hz」

f:id:BooStudio:20200216213515j:plain

「170Hz」と「144Hz」

f:id:BooStudio:20200216213620j:plain

「170Hz」を一度、体験してしまうと「144Hz」すら粗く感じてしまいます。

 

眼の慣れとは恐ろしいものです。

 

知らぬ間に「動体視力」を養えるとは・・・筆者も驚きです。

使ってみた感想

「170Hz」の新体験は本当に感動しましたが・・・。

 

本音を言うと筆者は以前にACER社27型フルHD「165Hz」を体験済みなのでリフレッシュレートの感動は「5Hz」でも上がった気がしないんです。

 

本当に感動したのは高いリフレッシュレートでありながら超高画質に大満足!

 

どんなに高速でも色味が破綻しないので美しい画質は保たれたままゲームが楽しめるのが「XG279Q」の醍醐味です。

 

わざわざ輸入してまで購入した甲斐がありました。

良かったところ

❶「170Hz」でも色味が破綻せず美しい画質は保たれる。

❷モニタースタンドが小さくなったことで設置しやすくなりました。

❸「HDMI」入力でも「144Hz」が認識します。

残念な点、注意する点

❶輸入なので仕方ないのですが「電源ケーブル」普通コンセントとは違うのが不便でした。

f:id:BooStudio:20200216213833j:plain

❶不便にも「2p」ケーブルが付属していないので「3p」ケーブルは「2p」に変換する必要があります。

❷モニターの傾きが少ないので必要に応じてモニターアームの導入も考慮しなければならない。

❸「XG279Q」は現在、日本向けに発売されてません。 アメリカでは「631ドル」で発売中! 近いうちに日本向けに発売すると思います。

総評

最近はエントリークラスでも「165Hz」が標準搭載しているのでフレームレートの驚きは少なくなってくるでしょう。

 

ところが「XG279Q」は違います。

 

画質を犠牲にすることなくリフレッシュレート「170Hz」の体験は、とても素晴らしかったです。

 

画質はGIGABYTE製の「AORUS AD27QD 」に近い気がしました。

 

最近よく謳う「165Hz」「IPSパネル」といった構成は「低価格=エントリーモデル」と「高価格」の二極化が進んでると感じました。

 

「エントリーモデル」の特徴はリフレッシュレートは「165Hz」でも「IPSパネル」の色味に差が出ます。

 

例えば「エントリーモデル」は画面全体が「やや白め」に対し「ハイエンドモデル」では「白み」が一切なく色鮮やかに再現しています。

 

この「白さ」が金額の差別化が生じていると筆者は感じました。

 

「XG279Q」では「165Hz」を超えても「IPSパネル」特有の「白み」が犠牲になることなく美麗な画質を実現しました。

 

しばらくモニターは「XG279Q」と付き合っていきたいと思います。

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

 

もしも、参考になった!と思ったら「フォロー」していただけると幸いです。

「BooStudio」ツイッターはこちら

 

本日の1票をお願いします。


パソコンランキング AD: N.K

主な仕様

サイズ-611x(422~542)x270mm

画面サイズ-611x(422~542)x270mm

重量-7kg(スタンド含む)

ステレオスピーカー: 2W x 2

関連商品

LG ゲーミングモニター 27GN750-B 27インチ/フルHD/IPS/240Hz/1ms(GtoG)/G-SYNC Compatible/HDR/HDMI×2,DP/ピボット,高さ調節

新品価格
¥46,980から
(2020/2/16 20:40時点)

 

ALIENWARE ゲーミングモニター 27インチ AW2720HF(3年間交換保証/FPS向き/1ms/240Hz/G-SYNC Compatible/フルHD/IPS非光沢/DP,HDMIx2)

新品価格
¥65,998から
(2020/2/16 20:40時点)

 

GIGABYTE AORUS KD25F 24.5型ゲーミング液晶 ディスプレイ 240Hzのリフレッシュレート対応

新品価格
¥60,500から
(2020/2/16 20:40時点)

 

Pixio PX7 ディスプレイ モニター [ 27 インチ 165hz IPS HDR 2560×1440 広色域 sRGB カバー率100% FreeSync G-SYNC Compatible対応 高さ調整 ] ゲーミング モニター ベゼルレス 27型 display monitor 【正規輸入品】

新品価格
¥47,980から
(2020/2/16 20:41時点)

話題のトレンド

あつまれ どうぶつの森 -Switch

新品価格
¥5,662から
(2020/2/16 20:42時点)

初音ミク Project DIVA MEGA39's(メガミックス) ? Switch

新品価格
¥5,400から
(2020/2/16 20:43時点)

お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます

Acer ワイドゲーミングディスプレイ VG270Sbmiipx 27型 IPS 1920x1080 フルHD 16:9 250cd 165Hz 2ms HDR HDMI

レビューはこちら

 

ASUSゲーミングモニター27インチ VG279Q 広視野角IPS 178°で応答速度1ms 144HZ/HDMI/DP/DVI/スリムベゼル/FreeSync対応/昇降ピボット/スピーカー付

レビューはこちら



GIGABYTE 27型 ゲーミングモニター AORUS AD27QD

レビューはこちら



ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG35VQ 35インチ曲面パネル(WLED/100Hz/FreeSync/DP/HDMIx2/昇降/フリッカーフリー/ブルーライト軽減)

レビューはこちら

ASUS ゲーミングモニター 34型 ウルトラワイドディスプレイ ROG SWIFT( フリッカフリー / 3440×1440 / GSYNC /Displayport, HDMI)PG348Q

レビューはこちら

ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG27VQ 27インチ曲面パネル(フルHD/144Hz/FreeSync/DP/HDMI/DVI/昇降/フリッカーフリー/ブルーライト軽減)

レビューはこちら

ASUS ゲーミングモニター ディスプレイ VA326H 31.5インチ VA カーブ フルHD 144HZ フリッカーフリー ブルーライト軽減 HDMI端子付 スピーカー内蔵 3年保証

レビューはこちら