新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【確かにゲーム性能は最強だが・・・】AMD社「Ryzen 7 5800X3D」をレビュー

今回ご紹介するのは2022年4月22日に発売されたAMD社「Ryzen 7 5800X3D=以下、5800X3D」です。

価格は65,300円(税込)です。

 

まずスペックを見てみます。

 

CPU

Ryzen 7 5800X3D

Ryzen 7 5800X

core i9 12900K

core i9 11900K

Ryzen9 5950X

コア数 8 8 16 (8P+8E) 8 16
スレッド数 16 16 24 16 32
ベースクロック 3.4 GHz 3.8 GHz 3.2 GHz (P) 3.5 GHz 3.4 GHz
ブーストクロック 最大 4.5 GHz 最大 4.7 GHz 5.2 GHz (TVB) 5.3 GHz 最大 4.9 GHz
L3 cache 96 MB 32 MB 30 MB 16 MB 64 MB
対応メモリ DDR4-3200 DDR4-3200 DDR5-4800 / DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200
TDP 105 W 105 W 125W 125W 105 W

ベースクッロクは「5800X」と比べて「0.4GHz」下がっています。

 

「L3 cache」は「3倍」も増量されています。

 

ゲーム性能をグッと引き上げるには「L3 cache」が大きく関わってきます。

 

ちなみに最上位モデルである「5950X」は「64MB」なので「32MB」分のアドバンテージはゲーム性能にどのくらい反映されるのか期待したいところです。

やはりゲーム性能は本物だった!

今回「Ryzen 7 5800X3D」は次世代7000シリーズに採用されるAMD初の3次元積層の「3D V-Cache」のパフォーマンスが試せるということで激しい争奪戦になりました。

 

発売開始から、わずか数分で完売するほどの人気ぶりです。

 

ところが秋葉原リアル店舗では意外と在庫が残っている情報が挙がっていました。

 

初回ロットを逃しても少量ですがコンスタントに在庫が入ってるとのことです。

 

ただし「5800X3D」の数量があまり多くないとの事なので欲しい方は安くなるのを待たず早めに購入した方が良いでしょう。

 

「5800X3D」の購入にあたって躊躇してしまうポイントがあります。

 

❶最上位CPU「5950X」「5900X」が大幅に値下がり「5800X3D」の立ち位置が微妙です。

 

価格は「5950X」が75,000円前後、「5900X」が55,000円前後まで下がっています。(4月30日現在)

 

❷年末に次世代7000シリーズが控えている。

 

以上の点から「5800X3D」を見送る方は少なくないと思います。

 

筆者も「5800X3D」を見送るつもりでしたがAMD初の3次元積層「3D V-Cache」をいち早く体験してみたいと思い購入しました。

開封の儀

外観

凄いぞ!低電圧化してもゲーム性能は劣化しない!

自作PCを続けていると「オーバークロック」や「低電圧化」というキーワードに触れると思いますが今回は「低電圧化」で「5800X3D」のポテンシャルを効率良く運用していきます。

 

まず最初に注意することは「5800X3D」はオーバークロックできないとAMD社が公言しています。

 

裏技を使えばオーバークロックは可能のようですがCPUが破損する恐れがあるのでオススメしません。

 

よって「低電圧化」なら物理破損はしないのでチャレンジしました。

 

そもそも「低電圧化」とはどんな効果が期待できるのか?

 

❶電圧を下げることで消費電力が下がり電源の発熱が抑えられます。

 

❷省エネかつ低発熱にもかかわらずゲームパフォーマンスはデフォルト時と変わらないのがメリットです。

 

デメリットはシステムが非常に不安定になります。

 

❸起動しない

 

❹ゲーム中のフレームレートが落ちる。

 

❺通常中に突然、グリーンスクリーンが発生 などが影響するので「低電圧化」は自己責任でお願いします。

 

「低電圧化」はシステム破損なので「CMOSクリア」すれば直ります。

 

よってCPUの大量生産の都合上、ある程度余裕をもって電圧を高めに設定しています。

 

それを個人で理想ラインを作り上げるという技法です。

 

オーバークロック」も「低電圧化」も人それぞれ設定値や方法が大きく異なります。

 

たとえ選別優良CPUであったとしても個体差が激しいのが常です。

 

筆者の設定はシンプルにこんな感じです。

 

デフォルト設定

この2項目を「マニュアル」にして「AUTO」と消して「0.98」と設定しました。

 

「メモリ」も「低電圧化」を試しましたがシステムエラーが起きてしまい断念しました。

 

この設定が安定したので参考していただけると幸いです。

1.0V(低電圧化)

「5800X3D」を「低電圧化」することでゲーム性能は変わらないのは本当か後ほど見ていきます。

Ryzen 7 5800X3D」のスコア検証

【CPU】AMD社「Ryzen 7 5800X3D

マザーボード】「ROG CROSSHAIR VIII IMPACT

【メモリ】キングストン社「HyperX Predator RGB 4000MHz 8×2/16GB」

GPU】「ROG-STRIX-RTX3090-O24G-GAMING

【クーラー】「AMD Wraith Prism RGB CPUクーラー」(純正クーラー)

 

左「デフォルト」、右「低電圧化1.0V」

Cinebench R23ー「CPU」 

 

3D MARK

f:id:BooStudio:20190814115742p:plain

CPU別スコア

 

「zombie army 4」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20210827073446p:plain

 「平均フレームレート」

 

アサシン クリード ヴァルハラ」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20201123171215p:plain

 「平均フレームレート」

 

ファークライ5」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191201181334p:plain

「平均フレームレート」

 

ディビジョン2-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120102p:plain

「平均フレームレート」

 

ゴーストリコン・ブレイクポイント-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191124214343p:plain

「平均フレームレート」


SHADOW OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120058j:plain

「平均フレームレート」

 

RISE OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120050p:plain

「平均フレームレート」

 

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120044p:plain

「平均フレームレート」

 

strange brigade-「スケール150%」

f:id:BooStudio:20190814120035j:plain

「平均フレームレート」

 

ゴーストリコン ワイルドランズ-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120110p:plain

「平均フレームレート」

トータルスコア

ゲームスコア(3D MARK、R23-省略)

 

以上、「Ryzen 7 5800X3D」のスコアでした。

使ってみた感想

Cinebench R23」の測定時は室温(20℃)です。

 

ゲーム性能は低電圧化はデフォルト設定よりも高くなっています。

 

しかもCPU温度が20℃以上、下がって発熱はかなり抑えられました。

 

デフォルト設定

低電圧化(1.0V)

 

リテールクーラー使用時でもデフォルト設定では80℃を超えることがなかったので「12900KS」と比べれば冷却性能は問題ない範囲と言えます。

 

消費電力は最大「120W」ですが通常ゲーム稼働中は「85~77W」で運用しています。(BIOSデフォルト設定)

良かったところ

❶「5800X3D」はマザーボードにCPUポン付けで高いゲーム性能が得られます。

 

最初からゲーム性能に最適な設計がなされている。

 

自作PC初心者の方でも複雑なBIOS設定は必要ありません。

 

❶ゲーム性能は歴代Ryzenの中では一番強いです。

 

ゲーム性能に欠かせない「高速大容量キャッシュ」の重要性が再認識された思いです。

 

❷10万円する「12900KS」と同等のゲーム性能が6万円台で買えるので意外に安い?!

 

AMDの最新技術である3次元積層「3D V-Cache」を体験できる!

 

「3D V-Cache」の実力が立証された以上、ゲームメイン機に昇格してしまうほどゲーム性能が素晴らしいです。

 

❹「低電圧化」してもゲーム性能は変わらないどころか低発熱で取り扱いやすいです。

 

❺300番台のマザーボードでも最新BIOSアップデートすれば「5800X3D」が使用可能になる。

 

各メーカーによって対応が異なるので各自ご確認ください。

 

❻リテールクーラーでも冷却性能は十分、対応できる。

残念な点、注意する点

レンダリング性能やエンコードスピードはエントリーモデル並みに遅いです。

 

ちなみに22,000円クラスのインテル社「12400F」と同等のレンダリング性能です。

 

この部分が「くせ者」と呼ばれています。

 

ゲーム専用CPUとして割り切れば問題ないと思います。

 

❷「低電圧化」の調整が極めて難しい。

 

レシピがあれば簡単なのですが人それぞれPC構成が異なるので個人で見つけるしかないです。

 

ASUSマザーボードであれば筆者のレシピを参考にしていただけると幸いです。

 

BIOSアップデートしないと「5800X3D」は認識されません。

 

「5800X3D」を換装する前に必ず最新BIOSアップデートしてください。

総評

Ryzen 7 5800X3D」は現在Ryzenマザーボード「AM4」を運用していて方でゲーム最強を求めてる方にピッタリなCPUです。

 

またインテル社、第12世代に乗り換えるには全般的に初期投資(特にメモリ)が高すぎて手が出せない方にオススメです。

 

ただしゲーム性能は10万円のハイエンドクラス「12900KS」と同等性能です。

 

レンダリング性能はあまり期待できませんが最強ゲーム専用機として「AM4」を永く運用できるのは非常にコスパが良いです。

 

「5800X3D」はあまり数量がないようで欲しい方は毎日、入荷チェックしておきましょう。

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

AD: N.K

 

 

主な仕様

ソケット形状 -AM4

コア数-8コア スレッド数-16

クロック周波数-3.4GHz

最大動作クロック周波数-4.5 GHz

関連商品
トレンドアイテム

お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます

 

AMD Ryzen 7 5800X3D

レビューはこちら

 

Corei9-12900KS

レビューはこちら

INTEL CPU Core i3-12100F

レビューはこちら

INTEL CPU Core i5-12400F

レビューはこちら

Intel Corei9 12900K

レビューはこちら

AMD Ryzen 7 5700G

レビューはこちら

Corei9-11900K

レビューはこちら