新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【いきなり2万円台に値下がる!】INTEL社 第13世代Raptor Lake-S 「Core i5-13400F」をレビュー

 

今回ご紹介するのは2023年1月3日に発売された第13世代 Raptor Lake-S「Core i5-13400F=以下、13400F」です。

 

価格は35,800円(税込)です。

 

 

スペックを見てみます。 

CPU

Core i5 13400F

Core i5 12400F

Core i5 12600K

Ryzen 7 5800X3D

Ryzen9 5950X

コア数 10 (6P+4E) 6 10 8 16
スレッド数 16 12 16 16 32
ベースクロック 2.5 GHz 2.5 GHz 3.7 GHz 3.4 GHz 3.4 GHz
ブーストクロック 4.6 GHz 4.4 GHz 4.9 GHz 最大 4.5 GHz 最大 4.9 GHz
L3 cache 20 MB 18 MB 20 MB 96 MB 64 MB
対応メモリ DDR4-3200 / DDR5-4800 DDR4-3200 / DDR5-4800 DDR4-3200 / DDR5-4800 DDR4-3200 DDR4-3200
PCI Express PCIe 5.0 PCIe 5.0 PCIe 5.0 PCIe 4.0 PCIe 4.0
TDP 65W 65W 125 W 105 W 105 W

「13400F」は「12400F」と比べて大きく進化した点は「Pコア=高性能コア」「Eコア=高効率コア」を組み合わせたハイブリッドアーキテクチャを採用しました。

 

「ベースクロック」は据え置きで「ブーストクロック」が「4.6 GHz」、「L3 cache」が「20MB」に強化されました。

 

「ゲーム性能」「レンダリング性能」が「12400F」と比べてどのくらい進化したか見ていきます。 

いきなり2万円台でお買い得?!

発売当初(1/3)の価格は「35,800円」でしたが、たった一週間で最安サイトで「29,980円」にまで値下がりしました。

 

正直、3万半ばではオススメしにくい「13400F」でしたが旧世代「12400F」との価格差は3千円なので是非、オススメしたいです。

 

新規導入される方、現在「12400F」を既にお持ちの方で「13400F」に乗り換えるメリットがあるかスコアを挙げていきますので参考にしていただけると幸いです。

開封の儀

外観

Core i5-13400F」のスコア検証

【PCケース】STREACOM BC1 V2 Open Benchtable Titanium

【CPU】INTEL社「Core i5-13400FAMD社「Ryzen 9 5950X」Ryzen 7 5800X3D」

マザーボードASUS社「ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI」「ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」「ROG Strix X570-I Gaming

【メモリ】CORSAIR社「VENGEANCE DDR5, 6000MHz 32GB(16GBx2)キングストン社「HyperX Predator RGB 4000MHz 8×2/16GB」

GPUASUS社「TUF-RTX4090-O24G-GAMING

PSUThermaltake社「TOUGHPOWER GF3 1000W

【AIO】ASUS社「ROG Ryujin II 240

【Ver】 GeForce 527.56

 

3D MARK

CPU別スコア

Cinebench R23ー「CPU」

「CPU別」

blender(V3.4.0)ー「CPU」

CPU別スコア

「zombie army 4」-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

アサシン クリード ヴァルハラ」-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

ファークライ5」-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

ゴーストリコン・ブレイクポイント-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

ディビジョン2-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

SHADOW OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

RISE OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

strange brigade-「スケール150%」

「平均フレームレート」

ゴーストリコン ワイルドランズ-「デフォルト設定」

「平均フレームレート」

トータルスコア

ゲームスコア(3D MARK、blenderCinebench R23-省略)

以上「Core i5-13400F」のスコアでした。

使ってみた感想

「13400F」は「12400F」と比べて体感差はほとんどありません。 「ハイブリッドアーキテクチャ」の恩恵は主に「レンダリング性能」に活きる結果となりました。

 

ゲーム性能は「5800X3D」と競合するほどポテンシャルを秘めるかと期待しましたが残念です。 次世代「14400F」で同等になることを期待します。

 

筆者は初値35,800円で購入しているのでお買い得感は皆無ですが、これから導入するならばコスパは良いです。

良かったところ

レンダリング性能は「5800X3D」より約30%強、「12400F」より約30%弱も速くなっています。

 

❷リテールクーラーが付属している。

 

❸安価な「DDR4」が使えるのがインテルマザーボードの強みです。

 

❹ゲーム性能は「5950X」よりも強いです。

残念な点、注意する点

❶ゲーム性能は「12400F」と同等スコアです。 タイトルによって勝敗が分かれます。

 

❷リテールクーラー(付属)だと意外と熱くなります。

 

「CPU温度」が「70℃後半」を超えます。(室温9℃)

Cinebench R23」起動時は「12400F」が「60℃台」だったのに対し10℃くらい差があります。

 

リテールクーラーより簡易水冷クーラー(50~60℃台キープ)で運用した方が良いです。

 

レンダリング性能が優れている分、かなり熱くなるのでリテールクーラーで運用はあまりオススメしません。

 

❸「13400F」は第13世代チップセット「Z790 / B760」向けのCPUです。

 

「Z690/B660」のマザーボードをお使いの方は「Raptor Lake」のCPUに換装する前に必ず「対応BIOS」を更新してください。

 

手順は以下の通りです。

 

最初に「BIOS」と「Intel ME」の2つをダウンロードしてください。

 

ダウンロードはこちら

 

筆者の場合、先に「Intel ME」をインストールします。

 

「MEUpdateTool_16.1.25.2020V2_S」をダブルクリックして展開してください。

 

すると次の画面になります。

赤印をクリックするだけです。

 

するとストレージ「M.2」「CPU」などが認識されます。

 

次は「BIOS」をダウンロードして「USBメモリ」に「CAPファイル」をコピーしてください。

コピーしたら一旦、再起動します。

 

電源投入後、ロゴが表示されますので「F2」を押します。

 

BIOS画面」になったら「F7」を押して「ツール」→「ASUS EZ Flash 3 ユーティリティ」をクリックします。

先ほどコピーした「ROG STRIX B660-I GAMING WIFI BIOS 1620」を探してクリックするとアップデートが始まります。

 

これで「第13世代対応」アップデートは完了です。

 

「Z790 / B760」のマザーボードは「BIOSアップデート」が不要です。

総評

「13400F」は「12400F」と比べて「レンダリング性能」がスコアアップしたものの「ゲーム性能」はほぼ変わらない結果となりました。

 

またCPU温度が高くなったので少々、扱いづらくなりました。

 

「12400F」から乗り換えるメリットは最新テクノロジー「ハイブリッドアーキテクチャ」を体験できることです。

 

最後に最近「DM」にて値下がりした1万円切る「B660マザーボード」と最新の「13400F」を導入したが動かない・・・。とHELPメールをいただきました。

 

「13400F」の「400シリーズ」は自作初心者に扱いやすいCPUですが事前知識なく導入するとパーツ代が無駄になってしまいます。

 

この場をお借りして「BIOS更新方法」をお伝えさせていただきました。

 

さて2023年の最新ゲームはどれも高ポリゴン、高グラフィックで超美麗です。

 

「13400F」は自作PCの登竜門です。

 

最新のゲームをストレスなく楽しみたいのが常です。

 

ゲームの準備はできてますか?

 

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

AD: N.K

 

 

主な仕様

ソケット形状 -LGA1718
コア数-10コア スレッド数-16
クロック周波数-2.5GHz
最大動作クロック周波数-4.6GHz

関連商品
トレンドアイテム