新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【歴史はここから始まる!】「Snapdragon X Elite」を搭載する「Copilot +PC」の「ASUS Vivobook S 15 S5507QA」をレビュー【PR】

今回ご紹介するのは2024年6月18日に発売されたASUS社「Snapdragon X Elite」を搭載する「Copilot +PC」の「ASUS Vivobook S 15 S5507QA=以下、Vivobook S15」です。

価格は249,800(税込)です。【ASUS様より貸出提供】

 

「ASUS Vivobook S 15 S5507QA」の詳細はこちら

 

ASUS Vivobookシリーズ」のラインナップは以下の通りです。

 

❶S5507QA-HA321W 249,800 円(32GB)

 

❷S5507QA-HA161W 229,800 円(16GB)

 

「Copilot+ PC」って何?

「Copilot+ PC」は、AIアシスタントMicrosoft Copilot」に対応した新しいWindows PCのカテゴリです。

 

「Vivobook S 15」は、Qualcommの「Snapdragon X Elite」プロセッサーを搭載し、最安モデルで約17万円後半から購入できます。

 

このPCは、以下の最小要件を満たしています。

 

❶承認されたCPUまたはSoC

 

❷40TOPS以上の処理性能を持つNPU

 

❸16GB以上のDDR5/LPDDR5メモリ

 

❹256GB以上のSSD/UFSストレージ 「Copilot+ PC」にはAIアシスタント「Copilot」を瞬時に呼び出す専用キーがあり、40以上のオンデバイスAIモデルが搭載されています。

 

新しいAI機能として、過去の情報を検索する「Recall」、画像生成AI「Cocreator」、多言語字幕生成の「Live Captions」などが利用可能です。

 

「Copilot+ PC」は、次世代のAI PCとして注目され、日本国内でも各メーカーからモデルが発売されています。

 

Microsoftの標準アプリとしてOSに組み込まれる新しいAI機能も提供しています。

 

具体的なAI機能の一部を紹介します。

 

❶「Recall(回顧)」・・・PC上で見たものを過去に遡って検索できるAI機能。

 

タイムラインをスクロールして、過去の瞬間のスナップショットに直感的にアクセス可能です。

 

❷「Cocreator」・・・ペイントアプリで利用できる画像生成AI。

 

インクストロークとテキストプロンプトを組み合わせて、リアルタイムで新しい画像を生成します。

 

❸「Live Captions(ライブキャプション翻訳)」・・・日本語を含む44の言語から英語へのリアルタイム翻訳を提供。

 

ビデオ通話や音声通話に対応し、すべてのアプリでリアルタイムに表示します。

 

❹「Windows Studio Effects」・・・AIによって強化されたビデオ通話エフェクト。

 

クリエイティブフィルターやアイコンタクト、テレプロンプターなどが含まれています。

 

これらの革新的なAI機能は、「Copilot+ PC」でのみ利用可能です。

「ARM」と「X86系」の違い

「Vivobook S 15」は、ただのノートパソコンではありません。

 

Qualcommの革新的な「Snapdragon X Elite」プロセッサーを搭載し、これまでの「Windows PC」とは一線を画す「ARMベース」のデバイスとして登場しました。

 

見た目や操作感はお馴染みの「Windows PC」と変わらないものの、内部では「ARM」と「x86」の間に大きな違いがあります。

 

その違いを簡単に説明します。

 

❶「ARM」とは・・・ 「ARM」は、スマートフォンタブレットなどの小型デバイスによく使われるプロセッサ(コンピューターの心臓部)の種類です。

 

「ARM」は「RISC(Reduced Instruction Set Computer)」という設計思想に基づいています。

 

これは、「命令セット(プロセッサが理解できる命令の集合)をシンプルにすることで、高速化を図る」という考え方です。

 

「ARM」の特徴は、電力をあまり使わず、発熱も少ないことです。

 

またバッテリーが長持ちし、小型のデバイスに適しています。

 

x86ベース」のアプリを起動する際に「x86エミュレーション」をWindows on ARMデバイスでは、x86エミュレーション機能が標準で有効になっています。

 

❷「x86」とは・・・ 「x86」は、パソコンやサーバーなどによく使われるプロセッサの種類です。

 

x86」は「CISC(Complex Instruction Set Computer)」という設計思想に基づいています。

 

「命令セットを豊富にすることで、より複雑な処理を一度に行うことができる」という考え方です。

 

x86」の特徴は、高いパフォーマンス(処理能力)を持っていることです。 しかし、それに伴い電力消費も多くなります。

 

つまり、「ARM」は「省エネ」で、「x86」は「高性能」を目指して設計されています。

 

それぞれの特性によって、最適な用途が異なります。

 

例えば、「ARM」は「スマートフォン」や「タブレット」などのモバイルデバイスに、「x86」は「パソコン」や「サーバー」などに多く使われています。

 

それぞれのプロセッサの特性を理解することで、適切な用途に適切なプロセッサを選択することが可能となります。

「Vivobook S15」の特長

❶薄型・軽量・・・最薄部14.7mm、重量約1.42kgで携帯性抜群!

 

❷高解像度ディスプレイ・・・フルHD映像をどこでも快適に視聴可能!

 

❸AI機能・・・SnapdragonプロセッサとWindows Copilotキーで高性能AI体験

 

❹技術仕様・・・32GBメモリ、1TBストレージ、15.6型 3K OLEDディスプレイ

 

❺デザイン・・・コンパクトで作業スペースにフィット、カスタマイズ可能なRGBキーボード

 

❻接続性・・・USB Type-C、HDMImicroSDスロット、高速Wi-Fi 7対応

 

❼バッテリー・・・約18時間駆動

開封の儀

外観

「Vivobook S15」をチェックする

「Vivobook S15」は、携帯性とパフォーマンスを両立したコンパクトなノートPCです。

 

初代モデルから変わらないコンセプトで、コンパクトなゲーミングノートを求める方や、高性能なモバイルノートを探すクリエイターに最適です。

最新モデルでは、「ARMベース」のSnapdragon Xプロセッサーを採用し、新しい市場に挑戦しています。

 

従来のインテルAMDx86ベースから一新され、ネイティブ対応はまだ発展途上ですが、期待が高まっています。

 

また、Windows Copilotキーを搭載し、AIアシスタント機能「Windows Copilot」を瞬時に呼び出せる点が魅力です。

例えば、「Copilot」はユーザーの質問に対して自然な応答を生成し、次のようなスタイルでサポートします。

❶創造性重視・・・独自のアイディアを引き出します。

 

❷バランス重視・・・正確さと創造性のバランスを取ります。

 

❸詳細重視・・・詳細で正確な情報を提供します。

 

「検索キーワード」を入力して情報を探す手間が省け、大幅な時間短縮が可能です。

 

ぜひ、試してみてください。

 

次はカメラを見てみます。

 

207万画素赤外線 (IR) カメラを内蔵しています。

 

ビデオ通話や写真撮影に便利です。

また、赤外線 (IR) カメラにより、「Windows Hello」をサポートしています。

 

カメラはプライバシーシャッター付きで、シャッターをスライドすることでカメラを物理的に遮断できます。

 

キーボードを見てみます。

キーボードのレイアウトは「Vivobook S15」独自のもので、普段お使いのキーボードとは異なるため、少し慣れが必要です。

 

キーボードのキータッチはやや硬めで、押し込む感じも少し深めです。

設定から「個人用設定」を選択し、「動的ライティング」でライティングの配色テーマと効果をカスタマイズできます。

 

「Vivobook S15」は、操作の快適さを追求した広々としたタッチパッドを搭載しています。

 

スマートタッチパッドには、便利なファンクションが割り当てられており、日常の操作がさらにスムーズになります。

❶動画の早送り/早戻し・・・タッチパッド上部で指を左右にスライド。

 

❷音量調整・・・左側で指を上下にスライド。

 

❸ディスプレイの明るさ調整・・・右側で指を上下にスライド。

 

右斜め上から左下にスワイプすると、ASUS ScreenXpertアプリが瞬時に開き、さまざまな設定を簡単に行えます。

 

このような使い勝手の良いタッチパッドのおかげで、作業が効率的に進むだけでなく、直感的な操作が可能になり、日々のパソコン作業がより快適になります。

 

インターフェースを見てみます。

 

さまざまな周辺機器に接続可能が可能です。

「Vivobook S15」は、日常のどんなシーンでも活躍する多彩なインターフェースを備えています。

 

高速なデータ転送や映像出力、本体への給電もサポートする「USB 4.0(Type-C)ポート」が2つあります。

 

「USB 3.2(Type-A/Gen1)ポート」も2つ搭載しているので、あらゆるデバイスを簡単に接続できます。

 

「外部ディスプレイ」に接続できる「HDMIポート」や、「写真」や「動画のデータ転送」に便利な「microSDカードスロット」も完備しています。

 

内蔵スピーカーはHarman Kardon製で、高品質な音響機器で知られるこのブランドがクリアで豊かなサウンドを実現します。

また、「ヘッドホン・コンボジャック」も備えているので、さらに高音質を求める方は、お気に入りのスピーカーで音楽を楽しむこともできます。

 

冷却システムを見ていきます。

 

PC内部では、ASUS IceCool サーマルテクノロジーが効率的な冷却を実現しています。

この冷却システムには、強化された2本のヒートパイプと静音かつ効率的な冷却を提供するIceBladeファンが採用されています。

97枚の液晶ポリマー製ブレードファンが装備されており、その軽量で薄い設計と流体力学に基づく回転により、通常のファンよりも静かで振動が少ない冷却が実現されています。

 

次は「Snapdragon X Elite」のポテンシャルを見ていきます。

PCスペックは以下の通りです。

 

・OS・・・Windows 11 Home 64ビット(24H2)
プロセッサー・・・Qualcomm Snapdragon X Elite X1E-78-100プロセッサー(12コア、最大3.4GHz、Qualcomm Adreno GPUQualcomm Hexagon NPU)
・メモリー・・・16GB/32GB(LPDDR5X-8448)
・ストレージ・・・1TB(PCIe Gen4 x4接続SSD

 

「Snapdragon X」は、日常作業からゲームまで幅広い用途に対応します。

 

以下は、CINEBENCH2024 ARM版とゲームスコアの簡単なスコアです。(x86エミュレーション使用)

 

Cinebench 2024」

Cinebench R23ー「CPU」

「CPU別」

3D MARK

「CPU別」

SHADOW OF THE TOMB RADER-「プリセットー最高」

「平均フレームレート」

Horizon Zero Dawn-「プリセットー最高」

「平均フレームレート」

「プリセット-フルHD-低画質」

レンダリング性能・・・「5700G」よりも約8%優れています。

 

ゲーム性能・・・フルHDの低画質設定でほぼ同等のパフォーマンスを発揮します。

 

低画質であれば、30fps程度で快適にプレイ可能です。

使ってみた感想

早速、「3K有機ELディスプレイ」の性能を試すために、アマゾンプライムビデオで「トップガン マーヴェリック」を鑑賞しました。

 

コントラストはもちろん、色の発色が非常に良く、「15.6型」の高解像度画面で没入感が得られました。

有機ELディスプレイ」ならではの液晶の弱点である「動画ボケ」もなく、より鮮明な映像を楽しめます。

 

新しいSnapdragon X Eliteチップにより、バッテリーの持続時間が大幅に改善されました。

 

通常、一晩で「数%」のバッテリーが減少する中、たった「1%」しか減りませんでした。

 

朝起きたときにバッテリー残量を気にすることなく、すぐにデバイスを手に取ることができます。

 

記事執筆時点で「Copilot+ PC」は現在開発中で、すべての機能が完全に実装されておらず、「Recall」機能が未搭載で、またNPUの利用は「ペイント」アプリと「カメラ」アプリに限られており、さらにサードパーティーアプリのNPU対応も進んでいません。

良かったところ

❶「Qualcomm Snapdragon X Elite X1E-78-100プロセッサー」の優れたパフォーマンスを体験できる!

 

❷便利なAI機能・・・AIアシスタント機能「Windows Copilot」を素早く呼び出せる「Windows Copilotキー」を搭載。

 

このキーを押すだけで、WindowsのAI処理が瞬時に実行され、複雑なタスクや新しいアイデアの実現が驚くほど簡単になります。

 

Windows Copilotを活用することで、作業の生産性や創造性が飛躍的に向上し、日々の仕事がより効率的で楽しくなること間違いなしです。

 

❸美しいディスプレー・・・高解像度、高画質の15.6型3K OLEDディスプレー

 

❹豊富なインターフェース・・・さまざまなインターフェースが充実

 

❺長時間バッテリー・・・約18時間のバッテリー駆動時間

 

❺高負荷時でも発熱が少ないので安心です。(室温22℃)

 

Cinebench R23」で30分間連続してマルチ性能を測ったところ、本体の温度は最高でも41.5℃までしか上がりませんでした。

 

左-表面、右-裏面

普段の使用時は表面・裏面ともに約33℃以下程度で、ほとんど熱を感じません。

 

❼付属アプリ「MyASUS」がとても便利です。

 

このアプリがあれば、PCの状態チェックから各デバイスの接続状態確認、オーディオ設定まで、すべて「MyASUS」で簡単に管理できます。

設定に不安がある初心者でも使いやすく、困ったときはまず「MyASUS」を活用してみると良いでしょう。 

残念な点、注意する点

❶未完成の機能・・・「Copilot+ PC」は記事執筆時点でまだ開発中のため、すべての機能が完全には実装されていません。

 

❷「Recall」機能の未搭載・・・現在、「Recall」機能はまだ提供されていない状態です。

 

❸NPU利用の限定的な状況: 現時点では、「ペイント」アプリと「カメラ」アプリ以外でNPUの利用が確認できていません。

 

サードパーティーアプリのNPU対応が遅れている・・・サードパーティーアプリがNPU対応するまでに時間がかかっています。

 

❺電源アダプターが少し大きく、かさばるのが残念です。

USB Type-Cで電源供給ができたら、もっと持ち運びやすくて便利です。

総評

「Vivobook S 15 S5507QA」は、最先端のAI機能と高性能Snapdragonプロセッサーを搭載し、優れたバッテリー寿命と携帯性を備えた次世代ノートPCです。

 

一部のAI機能が未実装で、NPU対応が限定的である点には注意が必要ですが、それでもなお、AIアシスタントや高解像度ディスプレイを活用したいユーザーには非常に魅力的な製品です。

 

将来的には、ネイティブARMアプリの普及により、ノートPC市場が「X86ベース」から「ARMベース」へとシフトする可能性が高く、省エネ・低発熱の特性を持つこのノートPCは、新しい歴史を切り開く一台と言えるでしょう。

 

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

AD: N.K

 

この記事がお役に立ったと感じたら、リツイートやいいねで共有していただけると嬉しいです。

https://twitter.com/BooStudio_blog

 

 

主な仕様

シリーズ名: ASUS Vivobook S シリーズ

製品名: ASUS Vivobook S 15 S5507QA

型番: S5507QA-HA321W、S5507QA-HA161W

カラー: クールシルバー

OS: Windows 11 Home 64ビット

CPU:Snapdragon X Elite X1E-78-100 プロセッサー
最大3.4GHz (12コア)
42MBキャッシュメモリ
Qualcomm Hexagon NPU 45TOPS (Qualcomm AI エンジン 最大計75TOPS)
メモリ:32GB/32GB または 16GB/16GB (LPDDR5X-8448、オンボード)ディスプレイ:15.6型 OLED (有機EL)、グレア
解像度: 2,880×1,620ドット (120Hz)
視野角: 水平170°/垂直170°
タッチパネル: 非搭載
グラフィックス: Qualcomm Adreno GPU (メインメモリ共有)
外部ディスプレイ出力: 最大5,120×2,880ドット
記憶装置:SSD: 1TB (PCI Express 4.0 x4接続 NVMe/M.2)
光学ドライブ: なし
サウンド機能:ステレオスピーカー (1W×2)
アレイマイク内蔵
Webカメラ:207万画素赤外線 (IR) カメラ内蔵 (プライバシーシャッター付)
Windows Hello対応顔認証
通信機能:無線LAN: IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax/be (Wi-Fi 7)
Bluetooth 5.3
入力機能:キーボード: 102キー日本語キーボード (RGB イルミネートキーボード、JIS配列)
ポインティングデバイス: マルチタッチ・タッチパッド
インターフェース:

ディスプレイ出力: HDMI×1、Type-C×2
USBポート: USB4 (Type-C/Power Delivery対応) ×2、USB3.2 (Type-A/Gen1) ×2
microSDカードリーダー対応
オーディオ: マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
電源:Type-C/90W ACアダプター、リチウムポリマーバッテリー (3セル/70Wh)
駆動時間: 約18.0時間
充電時間: 約時間 (詳細不明)
サイズ・重量:幅352.6mm×奥行き226.9mm×高さ14.7~15.9mm
質量: 約1.42kg
保証期間:本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証+購入日より12ヶ月間のASUSのあんしん保証 (日本国内保証・要登録)
バッテリーおよびACアダプター: 購入日より12ヶ月間の日本国内保証
その他:Xbox Game Pass Ultimate (3ヶ月利用権)付属
付属品: ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書

関連商品