新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【ゲーム性能がインテルに追いついた!】AMD社「Ryzen 9 5950X」をレビュー

f:id:BooStudio:20201129101829j:plain

今回ご紹介するのは2020年11月6日に発売されたAMD社「Ryzen 9 5950X=以下5950X」です。

 

 

「5950X」の他に3種類、同日に発売されました。

 

ラインナップは以下の通りです。

 

Ryzen 9 5950X

価格・・・96,800円(税別)

 

Ryzen 9 5900X

価格・・・64,980円(税別)

 

Ryzen 7 5800X

価格・・・53,480円(税別)

 

Ryzen 5 5600X

価格・・・35,800円(税別)

 

現在も「5950X」「5900X」は入手困難ですが「5800X」「5600X」は比較的、入手しやすいです。

同じ「16コア32スレッド」でも中身が全く違う!

簡単にスペックをまとめてみました。

CPU

Ryzen9 5950X

Ryzen9 5900X

Ryzen7 5800X

Ryzen5 5600X

core i9 10900K

Ryzen 9 3900XT

コア数 16 12 8 6 10 12
スレッド数 32 24 16 12 20 24
ベースクロック 3.4 GHz 3.7 GHz 3.8 GHz 3.7 GHz 3.7 GHz 3.8 GHz
ブーストクロック 最大 4.9 GHz 最大 4.8 GHz 最大 4.7 GHz 最大 4.6 GHz 5.2 GHz 4.7 GHZ
L2 cache 8 MB 6 MB 4 MB 3 MB - 6MB
L3 cache 64 MB 64 MB 32 MB 32 MB 20MB 64MB
対応メモリ 3200MHz 3200MHz 3200MHz 3200MHz DDR-2993 DDR-3200
TDP 105 W 105 W 105 W 65 W 125W 105W

新世代「5950X」は旧世代「3950X」同じ「16コア/32スレッド」でも内部構成が異なります。

 

簡単にイラストを描いたので参考にしていただけると幸いです。

f:id:BooStudio:20201104205603p:plain
f:id:BooStudio:20201104205611p:plain

こんな感じで一度に扱える情報量が多くなるので処理が速くなります。

 

今までもハイエンド「Ryzen 9」などはレンダリング系「Cinebench R20/R15」「blender」はインテル社「Core 9」には大きく差をつけました。

 

いざ「ゲーム性能」となると「フレームレート」が、だいぶ劣る部分がありました。

 

ところが今回「Ryzen 9 5950X」は「ゲーム性能」も強いということなどで早速、ベンチマークを検証していきたいと思います。 

開封の儀
f:id:BooStudio:20201129102411j:plain
f:id:BooStudio:20201129102409j:plain
f:id:BooStudio:20201129102413j:plain
外観
f:id:BooStudio:20201129102418j:plain
f:id:BooStudio:20201129102414j:plain
Ryzen 9 5950X」のスコア検証

【CPU】AMD社「Ryzen 9 5950X

マザーボード】「ROG CROSSHAIR VIII IMPACT

【メモリ】キングストン社「HyperX Predator RGB 4000MHz 8×2/16GB」

GPU】「ROG-STRIX-RTX3090-O24G-GAMING

f:id:BooStudio:20201129102549p:plain

検証環境はAMD社が推奨する「コントロールパネル」の「電源オプション」→「電源プラン」→「バランス(推奨)」を選択しました。

f:id:BooStudio:20201129102610p:plain

メモリスピードは「4000Mhz」→「3200Mhz」に落としたら動作が安定したので「3200Mhz」にて検証します。

 

blenderBMW V2.90)ー「CPU」

f:id:BooStudio:20200810000303j:plain

f:id:BooStudio:20201129103041p:plain

「10900K」が遅く感じるほどズバ抜けて速いです!

 

Cinebench R20ー「CPU」

f:id:BooStudio:20200601190255j:plain

「CPU別」

f:id:BooStudio:20201129103230p:plain

完全に独走状態です!

 

こんなに速くなるとは・・・!

 

Cinebench R15ー「CPU」

f:id:BooStudio:20191120072109p:plain

「CPU別」

f:id:BooStudio:20201129103312p:plain

「10900K」とは「約2倍」も高いスコアを叩き出しました!

 

3D MARK

f:id:BooStudio:20190814115742p:plain

CPU別スコア

f:id:BooStudio:20201129103336p:plain

「FireStrike」だけが頭1つ分スコアが高いですが他はほとんど同じスコアになりました。

 

アサシン クリード ヴァルハラ」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20201123171215p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129103412p:plain

信じられませんが「ヴァルハラ」では全敗になってしまいました。

 

ファークライ5」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191201181334p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129103444p:plain

「10900K」がド安定の完全勝利!

 

実プレイでは「10900K」も「5950X」も同じくらいスムーズで快適なのですが「ベンチマーク」で比べると、やはり顕著に表れます。

 

ゴーストリコン・ブレイクポイント-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191124214343p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129103651p:plain

「3900XT」よりは少しスコアが高いですが、あまりパッとしない結果となりました。

 

ディビジョン2-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120102p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129103525p:plain

フルHD」なら高いフレームレートが出るはずですが「10900K」には及びませんでした。


SHADOW OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120058j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129103950p:plain

「10900K」とほぼ同等のスコアになりました。

RISE OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120050p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129104040p:plain

実プレイでは「10900K」と比べて体感的には、ほぼ同じです。

 

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120044p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129104110p:plain

今までの傾向からすると「3900XT」と肩を並べるスコアと思いきや「10900K」に追いついている。

 

strange brigade-「スケール150%」

f:id:BooStudio:20190814120035j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129104139p:plain

3つとも、ほぼ同じスコアになりました。

 

ゴーストリコン ワイルドランズ-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120110p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20201129104212p:plain

「10900K」とほぼ同じスコアにスコアになりました。

 

以上、「Ryzen 9 5950X」のスコアでした。

使ってみた感想

「FireStrike」の測定時は室温(18℃)です。

f:id:BooStudio:20201129104313p:plain

「CPU負荷」の最大が「47%」と非常に軽い負荷で高いパフォーマンスを発揮しているのが「5950X」の強みです。

 

本来なら「90%」で動作するところを「5950X」なら「50%」を上回らない範囲で「10900K」と同等のパフォーマンスを出します。

 

また「CPU温度」は「70℃」を超えることがなかったので「空冷クーラー」でも問題なさそうです。

 

余分なエネルギーは極力少なくする代わりに局地的に負荷がかかっているコアに集中することで超高効率な「CPU」ということがわかりました。

 

なので「ポテンシャル」は「全開」でなく、まだウォームアップに過ぎないところが驚きます。

 

ゲームを一通りしましたが体感的に「10900K」とほぼ同じになりました。

 

今までの「Ryzenシリーズ」は「ゲーム性能」が劣ってしまうのですが「5950X」は「10900K」と同じパフォーマンスでありながら「省エネ」で遊べます。

 

さらに「電気代」も、だいぶ安くなるので先行投資と思って買って良いと思います。

良かったところ

❶ようやく「ゲーム性能」が「10900K」に追いつきました。

 

「10900K」をゲーム専用機にしなくて済むようになります。

 

❷「省エネ」でありながら「10900K」と同等のパフォーマンスを叩き出します。

 

❸「CPU温度」が「70℃」を上回らないので「空冷クーラー」でも運用可能です。

 

超小型PCケースに詰めても問題なさそうな気がします。

 

時間があれば試してみたいです。

残念な点、注意する点

❶「フルHD」による「超高フレームレート」は期待外れでした。

 

「ウルトラ設定」や「最高設定」では思うように伸びませんでした。

 

❷「RTX3090」と相性が悪いです。

 

「ゲーム性能」がもっと伸びるはずなのに一部のゲームでは「RTX3070」と同じスコアになります。

 

今後「RTX3090」の最適化に期待したいです。

 

それとも12月に登場する「RX6900XT」に期待か?!

 

❸「4000Mhz」~「3200Mhz」まで片っ端から検証して「3200Mhz」で落ち着きました。

 

メモリスピードは「4000Mhz」よりも「3200Mhz」の方が安定します。

総評

今回「Ryzen 9」の大きな進化点は「超省エネ」でありながら「ゲーム性能」も強くなったことです。

 

今までは「ゲーム性能」がやや劣っていたことから「ゲーム専用機」として「Core i9」を運用していた方は少なくないと思います。

 

これからは「クリエイティブ」も良し!「ゲーム」も良しとなったAMD社は鬼に金棒状態になりました。 残るは「グラフィックボード」だけです。

 

最近になって、ようやく「レイトレーシング」を起用したので「NVIDIA社」に一周回、遅れています。

 

ところが最後のかなめとなる「RX6900XT」の全貌が明らかになっていません。

 

このまま「グラフィックボード分野」の覇権を握ることができるのか!

 

今後、AMD社の動向が気になるところです。

 

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

 

AD: N.K

 

 

関連商品
話題のトレンド
お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます

AMD Ryzen 7 5700G with Wraith Stealth cooler 3.8GHz 8コア / 16スレッド 72MB

レビューはこちら

インテル CPU BX8070811900K/A Corei9-11900K 8コア 3.50 GHz LGA1200 5xxChipset 125W

レビューはこちら

AMD Ryzen 9 5950X without cooler 3.4GHz 16コア / 32スレッド 72MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000059WOF

レビューはこちら

AMD Ryzen 3 3300X, with Wraith Stealth cooler 3.8GHz 4コア / 8スレッド 65W【国内正規代理店品】 100-100000159BOX

レビューはこちら

AMD Ryzen 7 PRO 4750G (バルク版) 3.6GHz 8コア / 16スレッド 65W 100-000000145 一年保証 [並行輸入品]

レビューはこちら

AMD Ryzen 9 3900XT without cooler 3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W【国内正規代理店品】100-100000277WOF

レビューはこちら



INTEL CPU BX8070110900K Core i9-10900K プロセッサー 3.7GHz 20MB キャッシュ 10コア 日本正規流通商品

レビューはこちら



AMD Ryzen 7 3800X with Wraith Prism cooler 3.9GHz 8コア / 16スレッド 36MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000025BOX

レビューはこちら



AMD Ryzen 5 3600X with Wraith Spire cooler 3.8GHz 6コア / 12スレッド 35MB 95W【国内正規代理店品】 100-100000022BOX

レビューはこちら



INTEL CPU Core i9-9900KS / 8コア / 16 MiB キャッシュ/LGA 1151-v2 / BX80684I99900KS 【BOX】【日本正規流通商品】

レビューはこちら