新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【高効率コアはゲームに強い!】INTEL社Alder Lake「Core i9-12900K」をレビュー

f:id:BooStudio:20220106003545j:plain今回ご紹介するのは2021年11月4日に発売されたIntel社Alder Lake「Core i9-12900K=以下、12900K」です。

第12世代「Alder Lake」の進化点

第12世代「Alder Lake」からCPUサイズが一回り大きくなりました。

 

今までのソケット「LGA1200」や「LGA15xx」と互換性はありません。

 

一部のマザーボードでは「LGA1200 / 115x」が対応することもあるので各自、確認してみてください。

 

まずスペックを見てみます。

CPU core i912900K core i911900K core i910900K Ryzen9 5950X
コア数 16 (8P+8E) 8 10 16
スレッド数 24 16 20 32
ベースクロック 3.2 GHz 3.5 GHz 3.7 GHz 3.4 GHz
ブーストクロック 5.2 GHz 5.3 GHz 5.2 GHz 最大 4.9 GHz
L3 cache 30 MB 16 MB 20MB 64 MB
対応メモリ DDR5-4800 / DDR4-3200 DDR4-3200 DDR-2993 DDR4-3200
TDP 125W 125W 125W 105 W

「Alder Lake」の進化点を簡単にまとめてみました。

 

❶長年使われてきたプロセス「14nm」から「10nm」へ微細化

 

❷最上位モデルでは「Pコア=高性能コア」「Eコア=高効率コア」を組み合わせたハイブリッドアーキテクチャを採用

 

Windows 11で「Intel Thread Director(ITD)=スレッドを使い分ける機能」が追加

 

❹「PCIe5.0」のサポート

 

❺DDR5メモリのサポート

高効率コアはハイフレームレートが得意!?

インテル社は初めて「Pコア=高性能コア」「Eコア=高効率コア」を組み合わせたハイブリッドアーキテクチャを採用しました。

 

簡単に言えば今までCPUは「同一スレッド」であらゆるプログラムデータを処理してきました。

 

新しくなった「Pコア」「Eコア」はスレッドが重要な役割を果たします。

 

Intel Thread Director(ITD)」を搭載することで「スレッドを使い分ける機能」が追加されました。

 

「スレッド」が最も効率良く処理できるコアが何かをOSに対してアドバイスする機能とのことです。

 

この「ITD」こそ「Alder Lake」の強みです。

 

「Pコア」「Eコア」の主な役割をまとめてみました。

 

❶「Pコア」・・・高い負荷は、全般的に「Pコア」で処理される。

 

それ以外は「Eコア」へ流れます。

 

❷「Eコア」・・・動画再生、ゲーム音声処理、バックグラウンドで実行されるエンコード処理、処理負荷が低いスレッドなど。

 

つまり従来までは負荷が低い仕事もメインスレッドが処理していたことが非効率だったということになります。

 

よってスレッドの高効率化によってフルHDなどハイフレームレートがボトルネックの打破が期待できるとのことです。

PCIe4.0は短命に終わりPCIe5.0へ進化

レーン数 PCI-e 3.0 PCI-e 4.0 PCI-e 5.0
x1 2GB/s 4GB/s 8GB/s
x4 8GB/s 16GB/s 32GB/s
x16 32GB/s 64GB/s 128GB/s

「PCIe5.0」は旧世代の「PCIExpress」と完全な下位互換性があります。

 

あくまで理論上ということですが 「転送速度」は世代を渡るごとに、2倍も進化しています。

 

今まではグラフィックボードに関して言えば「PCIe3.0」と「PCIe4.0」の差は、あまり変わりなく誤差の範囲でした。

 

ストレージ(M.2 NVME)の場合は大いに恩恵を受けるので試してみる価値はあると思います。

DDR5とDDR4の違いとは?

チップセット「Z690」はDDR5を推奨しますがDDR4で対応するマザーボードが存在します。

 

位置づけとしては「下位モデル」になりますが「DDR5」と比べて大きな差はないとされています。

 

今ようやく「DDR5」があちこちのショップで在庫を見かけるようになりました。

 

フラッグシップに拘らなければ「DDR4」でも十分「Alder Lake」の性能を引き出せるとのことです。

 

それでは「DDR5」と「DDR4」の違いを挙げてみます。

世代 Alder Lake (12th) Rocket Lake (11th)
I/O Voltage 1.1V 1.2V
PCIeレーン 16+4 16+4
レーン分割 1×16+4 / 2×8+4 2×8+1×4 / 1×8+3×4
対応メモリ DDR5-4800 / DDR4-3200 DDR4-3200

ゲーム性能やレンダリング処理にかかる時間がさほど変わらなければ無理に「DDR5」を買わなくても良いでしょう。

 

筆者が気になるのは2022年1月5日に発表された「B660/H610」は「DDR4対応」です。

 

「DDR4」はデザインなど拘ったせいで大量に集めてしまいました。

 

そこで「B660/H610」は「DDR4対応」なのが非常にありがたいです。

 

「B660」「H610」は「DDR4」が対応するので「DDR4/5」の比較して両者の違いをお伝えしたいと思います。

 

それでは「Core i9-12900K」の強みである「P/Eコア」はゲームにどんな恩恵を受けるのか後ほどスコアを見ていきます。

開封の儀

f:id:BooStudio:20220106003602j:plain
f:id:BooStudio:20220106003605j:plain
f:id:BooStudio:20220106003436j:plain
f:id:BooStudio:20220106003611j:plain
外観

f:id:BooStudio:20220106003701j:plain
f:id:BooStudio:20220106003704j:plain
Core i9-12900K」のスコア検証

【CPU】INTEL社「Core i9-12900K」

マザーボードASUS社「ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI

【メモリ】CORSAIR社「VENGEANCE DDR5, 4800MHz 32GB(16GBx2)」

GPUASUS社「ROG-STRIX-RTX3090-O24G-GAMING」

PSUクーラーマスター社「V850 SFX GOLD」

【AIO】ASUS社「ROG RYUO 240」

f:id:BooStudio:20220106010047j:plain

blenderBMW V2.90)ー「CPU」

f:id:BooStudio:20200810000303j:plain

f:id:BooStudio:20220106010118j:plain

Cinebench R20ー「CPU」

f:id:BooStudio:20200601190255j:plain

「CPU別」

f:id:BooStudio:20220106010147j:plain

Cinebench R15ー「CPU」

f:id:BooStudio:20191120072109p:plain

「CPU別」

f:id:BooStudio:20220106010206j:plain

3D MARK

f:id:BooStudio:20190814115742p:plain

CPU別スコア

f:id:BooStudio:20220106010223j:plain

「zombie army 4」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20210827073446p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010239j:plain

アサシン クリード ヴァルハラ」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20201123171215p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010251j:plain

ファークライ5」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191201181334p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010304j:plain

ゴーストリコン・ブレイクポイント-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191124214343p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010319j:plain

ディビジョン2-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120102p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010330j:plain
SHADOW OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120058j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010348j:plain

RISE OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120050p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010400j:plain

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120044p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010415j:plain

strange brigade-「スケール150%」

f:id:BooStudio:20190814120035j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010425j:plain

ゴーストリコン ワイルドランズ-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120110p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20220106010437j:plain

ベンチマーク中の消費電力(Watt)

f:id:BooStudio:20220106010454j:plain

トータルスコア

f:id:BooStudio:20220106010505j:plain

以上「Core i9-12900K」のスコアでした。

使ってみた感想

しばらく旧世代「11900K」を使っていたせいか「フルHD」「WQHD」のフレームレートが実感するほど、かなり伸びました。

 

試しにややロー寄りの「RX6600XT」で遊んでみました。

 

「RX6600XT」でも十分、効果は発揮します。

 

例えばゲームの場合、瞬間的な高負荷がかかってもカクツキの立ち直りが「11900K」と比べて圧倒的に速いです。

 

ただ熱量は相当あるのでしっかりした冷却対策が必要です。

 

簡易水冷でも軽く「70℃」を超えるのでエアフローなど再度、適正か見直したほうが良いでしょう。

 

バックプレートはLGA1700専用を用意しておいたほうが無難です。

f:id:BooStudio:20220106005953j:plain

良かったところ

フルHD、WQHDのフレームレートが劇的に上がりました。

 

ゲームも良し!レンダリング、画像編集も良し!

 

「12900K」はオールマイティーに仕事をこなします。

 

徹底的にゲームをするなら「Core i9-12900K」の一択です。

 

❷マルチスレッド性能は「5950X」とほぼ互角です。

 

❸旧世代(11900K)では爆熱の空回りでしたが「12900K」のワットパフォーマンスはかなり改善されました。

残念な点、注意する点

❶旧規格「LGA1200」のマウントでは、やや温度が高めになります。

 

恐らくCPUとクーラーが均一に密着せず偏りが原因と思われます。

 

筆者の締めかたに問題があると思いますが適当に4点ネジを締めたら軽く「100℃」に達しました。

 

何度か締め直して、どうにか「80℃台」に収まりました。

 

やはり「LGA1700」に対応したマウントが必要です。

 

❷グラフィックボードによりますが電源ユニットは少なくとも「850W」はあったほうが良いです。

 

電力不足で赤いランプが点灯します。

 

❸「DDR4」でも十分、発揮しますがポテンシャルを最大限に活かすなら高価な「DDR5メモリ」が推奨されている。

 

マザーボードチップセット「Z690」は高額で手が出しにくい。

 

少しでも費用を抑えたい方は廉価版「B660」「H610」をオススメします。

 

❺「BIOS画面」までの起動時間が、やたら長い(20秒くらい)です。

 

一瞬、接続ミスか?!とヒヤッとします。

 

そのくらい間があります。

総評

一新された「Alder Lake」はとにかくゲームに強いです!

 

インテル最強説が蘇るほど素晴らしいパフォーマンスを証明してくれました。

 

「11900K」ではポテンシャルを十分に引き出せず熱量、駄々洩れのストレスでした。

 

「12900K」の登場によって今までのストレスが嘘のように消えてなくなりました。

 

それくらい軽快で使っていて気持ち良いです。

 

これから自作PCをアップグレードをご検討する方、自作チャレンジする方には是非「ハイブリッドアーキテクチャ」の凄さを体験してもらいたいです。

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

AD: N.K

 

主な仕様

ソケット形状 -LGA1700

コア数-16コア

スレッド数-24

クロック周波数-3.2GHz

最大動作クロック周波数-5.2 GHz

関連商品

トレンドアイテム
お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます

INTEL CPU Core i3-12100F / 4/8 / 3.3GHz / 【 国内正規流通品 】

レビューはこちら

 

INTEL CPU Core i5-12400F / 6/12 / 2.5GHz / 6xxChipset / BX8071512400F 【 国内正規流通品 】

レビューはこちら

Intel Corei9 プロセッサー 12900K 3.2GHz( 最大 5.2GHz ) 第12世代 LGA 1700 BX8071512900K

レビューはこちら

AMD Ryzen 7 5700G with Wraith Stealth cooler 3.8GHz 8コア / 16スレッド 72MB

レビューはこちら

インテル CPU BX8070811900K/A Corei9-11900K 8コア 3.50 GHz LGA1200 5xxChipset 125W

レビューはこちら

AMD Ryzen 9 5950X without cooler 3.4GHz 16コア / 32スレッド 72MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000059WOF

レビューはこちら

AMD Ryzen 3 3300X, with Wraith Stealth cooler 3.8GHz 4コア / 8スレッド 65W【国内正規代理店品】 100-100000159BOX

レビューはこちら

AMD Ryzen 7 PRO 4750G (バルク版) 3.6GHz 8コア / 16スレッド 65W 100-000000145 一年保証 [並行輸入品]

レビューはこちら

AMD Ryzen 9 3900XT without cooler 3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W【国内正規代理店品】100-100000277WOF

レビューはこちら



INTEL CPU BX8070110900K Core i9-10900K プロセッサー 3.7GHz 20MB キャッシュ 10コア 日本正規流通商品

レビューはこちら



AMD Ryzen 7 3800X with Wraith Prism cooler 3.9GHz 8コア / 16スレッド 36MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000025BOX

レビューはこちら



AMD Ryzen 5 3600X with Wraith Spire cooler 3.8GHz 6コア / 12スレッド 35MB 95W【国内正規代理店品】 100-100000022BOX

レビューはこちら



INTEL CPU Core i9-9900KS / 8コア / 16 MiB キャッシュ/LGA 1151-v2 / BX80684I99900KS 【BOX】【日本正規流通商品】

レビューはこちら