新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【時は第10世代へ】INTEL社 Comet Lake-S「Core i9-10900K」をレビュー

f:id:BooStudio:20200524204007j:plain

今回ご紹介するのは2020年5月21日に発売されたIntel社 Comet Lake-S「「Core i9-10900K=10900K」です。

 

 

Core i9-10900K」は「Core i9-9900K」とは違い完全に世代交代した第10世代の最上位CPUです。

 

新しくなったマザーボードチップセットは「Z490」になりました。

f:id:BooStudio:20200524204034p:plain

各メーカーから様々な用途に応じたバリエーションが豊富です。

 

もしも迷ったら「デザイン重視」で決めるのも良いと思います。

Core i9-10900K」の進化点

今回、大きく進化した点は「Thermal Velocity Boost=TVC」を搭載しました。

 

「TVC」はCPUのコアクロックが冷却性能や電力など余裕がある場合にブースターが発動するシステムです。

 

コア数は最大「10コア/20スレッド」にスケールアップしており今まで以上にレンダリングエンコードなど時間がかかる処理が一段と速くなりました。

 

しかしPCI-Expressは従来のまま「Gen3」を採用しており全てが一新されたわけではありません。

 

モリーはDDR4-2933までサポートしています。

 

「Comet Lake-S」のソケットは旧世代「LGA1151」から新世代「LGA1200」へ変更しました。

 

LGA1151」と互換性はありません。

 

既存の「LGA115×」用CPUクーラーが、そのまま装着可能ですのでわざわざ買い替える必要はありません。

 

簡単にスペック表を作成しました。

CPU core i9 10900K core i9 9900KS core i9 9900K core i7 9700k Ryzen 7 3800X
コア数 10 8 8 8 8
スレッド数 20 16 16 8 16
ベースクロック 3.7 GHz 4.0GHz 3.6GHz 3.6GHz 3.9GHz
ブーストクロック 5.2 GHz 5.0Ghz 5.0Ghz 4.9GHz 4.5GHz
全コアブースト 4.8 GHz - - - -
TVB 5.3 GHz - - - -
L3 cache 20MB 16MB 16MB 12MB 32MB
対応メモリ DDR-2993 DDR-2666 DDR-2666 DDR-2666 DDR4-3200
TDP 125W 127W 95W 95W 105W

「9900K」に比べベースクロックは上がりました。

 

TDP」は「95W」から「125W」になりました。 

 

それではComet Lake-S「Core i9-10900K」のスコアを見ていきます。

開封の儀
f:id:BooStudio:20200524204708j:plain
f:id:BooStudio:20200524204711j:plain
f:id:BooStudio:20200524204728j:plain
f:id:BooStudio:20200524204731j:plain
f:id:BooStudio:20200524204752j:plain
f:id:BooStudio:20200524204755j:plain

f:id:BooStudio:20200524204804j:plain

外観
f:id:BooStudio:20200524204832j:plain
f:id:BooStudio:20200524204833j:plain
Core i9-10900K」のスコアを検証

【CPU】INTEL社「Core i9-10900K」
マザーボード】ROG STRIX Z490-I GAMING
【メモリ】キングストン社「HyperX Predator RGB 4000MHz 8×2/16GB」
GPU】「ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING」

 

CPU-Z

f:id:BooStudio:20200530105017p:plain

 

Cinebench R20ー「CPU」

f:id:BooStudio:20200525073243j:plain

「CPU別」

f:id:BooStudio:20200525073529p:plain

 

Cinebench R15ー「CPU」

f:id:BooStudio:20191120072109p:plain

「CPU別」

f:id:BooStudio:20200524205747p:plain

 

3D MARK

f:id:BooStudio:20190814115742p:plain

GPU別スコア

f:id:BooStudio:20200524205800p:plain

 

ファークライ5」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191201181334p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200524205819p:plain

ゴーストリコン・ブレイクポイント-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191124214343p:plain

 「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200530110356p:plain

 

ディビジョン2-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120102p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200524205908p:plain


SHADOW OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120058j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200524205831p:plain

 

RISE OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120050p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200524205936p:plain

 

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120044p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200524210006p:plain

 

strange brigade-「スケール150%」

f:id:BooStudio:20190814120035j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200524210020p:plain

 

ゴーストリコン ワイルドランズ-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120110p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20200524210036p:plain

以上スコア検証でした。

 

「10900K」のレンダリング処理は「9900KS」よりも「13%」ほど速くなりました。

 

しかしゲーム性能はパッとしないスコアになりました。

 

「RTX2080Ti」がボトルネックのように感じます。

 

Core i9-10900K」+「現行VGA」の組み合わせ、かつ、ゲーム目的なら「現行のCPU」で十分、間に合います。

使ってみた感想

ひと通りゲームしたところ「9900KS」に比べカクツキが発生しました。

 

どちらかといえば「9900K」に近い印象を持ちました。

 

筆者は「ゲーム重視」でPCを構築しているので残念な結果となりました。

良かったところ

レンダリング性能は「13%~16%」くらい高速になりました。

 

❷CPU温度が大幅に冷えました。

第10世代の最大の特長は「冷却効率の見直し(再設計)」と言われています。

 

「ソルダリング(はんだ付け)」が少ない分、「CPUの殻」を厚くして「CPU本体」を薄く設計することによりCPU本体の熱がより伝わりやすくなりました。

 

その結果「Cinebench R15」の測定の際、73℃以下に収まりました。

 

「9900KS」では「77℃」から「79℃」くらいなので冷却設計が進化したと思います。

 

そのおかげで「簡易水冷クーラー」でなくても「空冷クーラー」でも十分、冷却できそうです。

 

意外とスペースが狭い極小PCケースと相性が良さそうです。

 

「A4-SFX」に換装しても怖くない?!

DANCase 容量7.2Lのコンパクト筐体に295mmのグラフィックカードが搭載可能なMini-ITX用ケース A4-SFX v4 Black 日本正規代理店品

レビューはこちら

残念な点、注意する点

❶未だプロセスが「14nm」のままです。

 

さろそろ世代を超えたプロセスで「AMD」と戦って欲しいです。

 

❷PCIeバージョンは「PCIe3.0」のままなので「Core i9-10900K」は新しさを感じられない。

総評

冷却性能が良くなったもののパッとしないスコアでゲーム性能としては期待できない結果となりました。

 

しかしながらNVIDIAの次世代 「Ampere世代 」の「GeForce RTX 3080 Ti」の登場によって「10900K」の性能が発揮されると予想します。

 

Core i9-10900K」の真の力を発揮するのは 「Ampere世代 」と信じたい!

 

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

 

もしも、参考になった!と思ったら「フォロー」していただけると幸いです。

「BooStudio」ツイッターはこちら

 

本日の1票をお願いします。


パソコンランキング AD: N.K

 

関連商品
話題のトレンド
お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます

AMD Ryzen 3 3300X, with Wraith Stealth cooler 3.8GHz 4コア / 8スレッド 65W【国内正規代理店品】 100-100000159BOX

レビューはこちら

 

 

INTEL CPU BX8070110900K Core i9-10900K プロセッサー 3.7GHz 20MB キャッシュ 10コア 日本正規流通商品

レビューはこちら



AMD Ryzen 7 3800X with Wraith Prism cooler 3.9GHz 8コア / 16スレッド 36MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000025BOX

レビューはこちら



AMD Ryzen 5 3600X with Wraith Spire cooler 3.8GHz 6コア / 12スレッド 35MB 95W【国内正規代理店品】 100-100000022BOX

レビューはこちら



INTEL CPU Core i9-9900KS / 8コア / 16 MiB キャッシュ/LGA 1151-v2 / BX80684I99900KS 【BOX】【日本正規流通商品】

レビューはこちら

INTEL インテル CPU Corei9-9900K INTEL300シリーズChipsetマザーボード対応 BX80684I99900K【BOX】

レビューはこちら

INTEL インテル CPU Corei7-9700K INTEL300シリーズ Chipsetマザーボード対応 BX80684I79700K【BOX】

レビューはこちら



INTEL インテル Corei5-9600K INTEL300シリーズ Chipsetマザーボード対応 BX80684I59600K【BOX】

レビューはこちら

Intel 40周年記念版CPU - 5GHzまで昇圧された最速6コアプロセッサ Core i7-8086K

レビューはこちら

AMD CPU Ryzen 5 2400G with Wraith Stealth cooler YD2400C5FBBOX

レビューはこちら



AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

レビューはこちら