新世代は旧世代を大きく超えよ

科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。 新世代、旧世代のそれぞれの製品の特長を見い出し参考になれば幸いでございます。

【WQHD最強グラボ!】ゾタック社「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity」をレビュー

f:id:BooStudio:20210709053946j:plain

今回ご紹介するのは2021年6月10日に発売されたゾタック社「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity=以下、RTX3070Ti」です。

「RTX3070Ti」の中で唯一の8万円台モデル!

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity」は89,800円と「RTX3070Ti」の中で一番、安いモデルです。

 

「RTX3070Ti」の価格帯は89,800円~136,000円とかなり価格差があります。

 

他に1,000円の差ですがASUS社「TUF-RTX3070TI-8G-GAMING」が90,882円で数量限定で販売されました。

 

これらの2モデルは争奪戦の中でも最も入手が難しいと言われています。

 

ショップ店員の話によると「GPU」が世界的に深刻な在庫不足に襲われていて昨今の事情に反映しない本来の価格で提供するとのことです。

 

よって2モデルは価格面で希少性が高いモデルとして販売終了しました。

ビデオメモリは「8GB」で少ないけどゲームは快適!

「RTX3070TI」は「RTX3070」の強化版モデルです。

 

まずスペックを見てみます。

GPU

RTX3090

RTX3080Ti

RTX3080

RTX3070Ti

RTX3070

RTX2080Ti

コア数 10496 10240 8704 6144 5888 4352
ベースクロック 1400 MHz 1370 MHz 1440 MHz 1580 MHz 1500 MHz 1350 MHz
ブーストクロック 1700 MHz 1670 MHz 1710 MHz 1770 MHz 1730 MHz 1545 MHz
メモリ 24 GB 12 GB 10GB 8GB 8GB 11GB
メモリ種類 GDDR6X GDDR6X GDDR6X GDDR6X GDDR6 GDDR6
バス幅 384-bit 384-bit 320-bit 256-bit 256-bit 352-bit
メモリ帯域幅 936 GB/S 912 GB/S 760 GB/S 608 GB/S 512 GB/S 616 GB/S
TDP 350 W 350 W 320 W 290 W 220 W 250 W

大きな変更点はメモリが「GDDR6」から「GDDR6X」に変わりました。

 

ざっくり「RTX3070」と比べると約5%くらいパワーアップしています。

 

たった「5%」と感じてしまうかもしれませんが注目して欲しい点は「メモリ帯域幅」です。

 

「RTX3070Ti」は「608GB/S」なのに対し「RTX3070」は「512GB/S」と「100GB/S」くらい差があります。

 

「メモリ帯域幅=容量」が大きくなれば「メモリスピード=転送レート」に対して恩恵を受けやすくなります。

 

「RTX3070Ti」で大きく拡がった「メモリ帯域幅」はどのくらいポテンシャルを引き出すのか後ほど検証していきます。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity」の特長

❶第2世代レイトレーシングコア

 

❷第3世代テンソルコア

 

❸SPECTRA 2.0RGB照明

 

❹IceStorm 2.0 Advanced Cooling

 

❺FREEZEファンストップを備えたアクティブファン制御

 

❻メタルRGBLEDバックプレート

 

❼FireStormユーティリティ

 

VR対応 (ZOTAC社HPより引用)

開封の儀
f:id:BooStudio:20210709054410j:plain
f:id:BooStudio:20210709054424j:plain
f:id:BooStudio:20210709054427j:plain
f:id:BooStudio:20210709054421j:plain

内容物(2 x Dual 6-pin to 8-pin cable、Manual)

外観
f:id:BooStudio:20210709054526j:plain
f:id:BooStudio:20210709054527j:plain
f:id:BooStudio:20210709054534j:plain
f:id:BooStudio:20210709054542j:plain
f:id:BooStudio:20210709054543j:plain
f:id:BooStudio:20210709054556j:plain
ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity」をチェックする

f:id:BooStudio:20210709054656j:plain

外観はパッと見て細長くなりました。

 

3連ファンを採用しており全長は「317.6mm」と長いので大型VGAサイズになります。

 

ボディーカラーはグレーの一色で統一しています。

 

ゾタック社では珍しく「インターフェース」「VGA端子」にキャップが装備されていました。

f:id:BooStudio:20210709055526j:plain
f:id:BooStudio:20210709055528j:plain

ファンブレードを見てみます。

 

外径は実測で「9cm」でブレード数は「11枚」です。

f:id:BooStudio:20210709055608j:plain

f:id:BooStudio:20210709055625p:plain

静圧用に最適化された湾曲したブレードは、気流を最大10%増加させることができます。

f:id:BooStudio:20210709055657p:plain

「Firestorm」ソフトウェアを使用するとファンをより細かく制御できます。

 

またファンの回転を個別に調整することができます。

 

次は冷却性能を見てみます。

f:id:BooStudio:20210709055734j:plain
f:id:BooStudio:20210709055736j:plain

f:id:BooStudio:20210709055759p:plain

最大3つのグループに分割され、最大6つの銅製ヒートパイプとペアになった幅広のアルミニウム製フィンシンクがグラフィックカードの長さに広がり、以前よりも効率的に熱を抽出して分散します。

 

また改善されたヒートパイプレイアウトは、GPU接触を増やし、より効率的な熱放散を実現します。

 

独自のオーバークロックツール「FireStorm」を使って「LED RGBライティング」「クロック調整」「ファンコントロール」など調整することができます。

f:id:BooStudio:20210709055838p:plain

f:id:BooStudio:20210709055842p:plain

ダウンロードはこちら

もしもライティングが不要な場合には「OFF」にすることができます。

 

バックプレートのライティングはこんな感じでロゴが光ります。

f:id:BooStudio:20210709055931j:plain

f:id:BooStudio:20210709055946p:plain

「UI」はシンプルで見やすいので直感的に操作することができます。

f:id:BooStudio:20210630140738j:plain
f:id:BooStudio:20210630140741j:plain
f:id:BooStudio:20210630140734j:plain

次はインターフェース周りを見てみます。 

f:id:BooStudio:20210709060036j:plain

「ディスプレイポート」が3つ、「HDMI」が1つ装備しています。

 

接続ピンは「8ピン」の2つを使用します。

f:id:BooStudio:20210709060103j:plain

バックプレートは金属プレートを採用しているので、ねじれや反りの心配はありません。 

f:id:BooStudio:20210709060132j:plain

それでは「ベンチマーク」を見ていきます。

換装の際の準備

グラフィックボードを取り換えるときに古いドライバの削除をおススメします。

 

古いドライバ削除の詳しくはこちら!

ドライバをインストール

グラフィックボードを換装したら「GeForce」ドライバをダウンロードしインストールします。

 

ダウンロードはこちら

比較する「GPU」は「RTX3070Ti」「RX6800」「RTX3070」「RX6800XT」「RTX2080Ti」「RTX2070-S」「RX6700XT」「RX6800XT」です。

 

GPU別の比較スコアはインテル社のCPUをベースに検証しています。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity」のスコア検証

【CPU】「Core i9 11900K

マザーボード】「ROG STRIX Z590-I GAMING

【メモリ】キングストン社「HyperX Predator RGB 4000MHz 8×2/16GB」

GPU】ゾタック社「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity

 

blenderBMW V2.90-OPTIX)ー「GPU」-数字が少ないほど「速い」ということになります。

f:id:BooStudio:20200810000303j:plain

f:id:BooStudio:20210709060506p:plain

競合するGPUの中で一番、速い結果になりました。

 

「RTX3070」とは「10%強」と大幅には変わりませんが「RTX2080Ti」よりも「25%」以上もスピードアップしました。

 

3D MARK

f:id:BooStudio:20190814115742p:plain

GPU別スコア

f:id:BooStudio:20210709060555p:plain

「3D MARK」では「RTX2080Ti」と同等のスコアになりました。

 

「RTX3070」とは「15%」もスコアを上げました。

 

アサシン クリード ヴァルハラ」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20201123171215p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709060656p:plain

アサシン クリード ヴァルハラ」では「RX6000シリーズ」が圧倒的に強い結果になりました。

 

「RX6700XT」と比べて「フルHD」は劣りますが「WQHD」「4K」では「RTX3070Ti」の方がスコアが高い結果になりました。

 

ファークライ5」-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191201181334p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709060732p:plain

フルHD」「WQHD」では「RX6800XT」を超えるスコアを叩き出しました。

 

しかし「4K」ではビデオメモリ不足の影響か大幅に失速する結果になりました。

 

ゴーストリコン・ブレイクポイント-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20191124214343p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709060804p:plain

「RTX2080Ti」とほぼ同等のスコアになりました。

 

また「RTX3070」と比べて「4%」ほど高いスコアになりました。

 

ディビジョン2-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120102p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709060834p:plain

「RTX2080Ti」とほぼ同等のスコアになりました。

 

「4K」のベンチマークでは「60fps」に届いていませんが実プレイは、ほぼ「50~60fps」をキープしました。

 

もしも「60fps」をキープしたければ画質を「高~中設定」まで落とせば安定したプレイを楽しめるでしょう。

 

SHADOW OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120058j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709060911p:plain

「RX6800」と同等のスコアになりました。

 

「4K」では「草」や「水」のシーン以外は「60fps」でしっかりキープしました。

 

RISE OF THE TOMB RADER-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120050p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709060938p:plain

「RTX2080Ti」と比べて「3%」ほどスコアが高い結果になりました。

 

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120044p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709061003p:plain

フルHD」では「RTX3070」よりも高いスコアを出しました。

 

しかし「WQHD」と「4K」では「5%」くらい下回る結果になりました。

 

strange brigade-「スケール150%」

f:id:BooStudio:20190814120035j:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709061034p:plain

「strange brigade」では「WQHD」と「4K」が「RX6800XT」と並ぶスコアを出しました。


ゴーストリコン ワイルドランズ-「デフォルト設定」

f:id:BooStudio:20190814120110p:plain

「平均フレームレート」

f:id:BooStudio:20210709061112p:plain

フルHD」では競合するGPUの中では一番、高いスコアになりました。

 

しかし「WQHD」と「4K」ではビデオメモリが足りないせいか伸びが悪い結果になりました。

 

ゲーム中の消費電力(Watt)

f:id:BooStudio:20210709060331p:plain

高負荷時3DMARK 「FIRESTRIKE」(Temp)

f:id:BooStudio:20210709060349p:plain
以上「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity」のスコアでした。

使ってみた感想

フルHD」「WQHD」であれば最新のゲームでも「60fps」を割ることなく快適に遊べます。

 

ただし「4K」や「ウルトラワイド=21:9」はビデオメモリが足りない影響か急激に動作が重くなります。

 

レンダリング、動画編集などは競合するRX6000シリーズよりも圧倒的にスピードアップしました。

 

消費電力は歴代のGPUの中では高い方ですが3連ファンの恩恵か冷却性能はかなり良い方だと思います。

 

ボディーサイズの全長は「317mm」と長い部類ですが幅が「117mm」なのでスリムでPCケースに換装するときは非常に楽でした。

良かったところ

❶「フルHD」「WQHD」の環境なら最高設定でも「100fps」はキープします。

 

非常に軽快でストレスなく快適に遊べます。

 

❷ゲーム中に高負荷な場面でも「80℃=室温24℃」を超えないので冷却性能はかなり良いです。

 

❸「RTX3070Ti」の中で「8万円台」と考えるとかなりコストパフォーマンスが優れています。

 

ちなみにワンランク下位の「RTX3070」が「12万円前後」が相場です。

 

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Ti Trinity」がいかに安価モデルなのが分かります。

残念な点、注意する点

❶消費電力がハイエンドモデル級のワットパフォーマンスです。

 

消費電力を気にする方は敬遠されるのではないでしょうか。

 

❷ビデオメモリが「8GB」の影響で「4K」や「ウルトラワイド」の設定になると非常に重たくなります。

 

フルHD」「WQHD」環境であれば何ら問題なく快適なゲーム環境が実現することでしょう。

 

❸冷却性能は優れていますが騒音は「45dB」と少々気になる騒音レベルです。

総評

最近は暗号通貨の下落に伴ってグラフィックボードの在庫が全体的に回復しています。

 

そこで個人的に気になったのは「相場のねじれ」が起きています。

 

例えば「RTX3070」が「12万円前後」に対し「RTX3070TI」が「11万円前後」の相場になっています。

 

当初の仕入れ価格が尾を引いているのが原因と言われています。

 

よって今の相場が高いのか安いのか、よく分からないのが現状です。

 

これからPC構成を新調する予定があるならば昨今の事情に反映した「RTX3070Ti」以降を選んでおけば間違いないでしょう。

 

フルHD」「WQHD」環境なら「RTX3070Ti」が絶対にオススメです。

 

夏休みは「RTX3070Ti」と充実した日々を過ごしませんか?

 

 

お目通し戴き、ありがとうございました。

AD: N.K

 

 

主な仕様

サイズ‐317.6mm x 117.6mm x 58.8mm

関連商品
話題のトレンド
お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます

ASUS TUF Gaming NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti 搭載ビデオカード OC/ PCIe 4.0 / 12GB GDDR6X / HDMI 2.1 / DisplayPort 1.4a /デュアルボールファンベアリング, ミリタリーグレードのコンデンサ/ GPU Tweak II TUF-RTX3080TI-O12G-GAMING

レビューはこちら

 

MSI Radeon RX 6800 XT GAMING X TRIO 16G グラフィックスボード VD7458

レビューはこちら

Sapphire Pulse AMD Radeon RX 6700 XT ゲーミンググラフィックカード 12GB GDDR6 AMD RDNA 2付き

レビューはこちら

ASUSTek NVIDIA GeForceRTX 3060 搭載 12G TUF-RTX3060-O12G-GAMING

レビューはこちら

Sapphire NITRO Radeon RX 6900 XT OC グラフィックスボード 11308-01-20G VD7510

レビューはこちら

ASUS NVIDIA GeForce RTX 3060TI 搭載 トリプルファンモデル 8G TUF-RTX3060TI-O8G-GAMING

レビューはこちら

ASUS AMD Radeon RX 6800 搭載 トリプルファンモデル 16G RX6800-16G

レビューはこちら

ASUS NVIDIA GeForce RTX 3090 搭載 トリプルファンモデル 24G ROG-STRIX-RTX3090-O24G-GAMING

レビューはこちら

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edge OC グラフィックスボード ZT-A30700H-10P VD7416

レビューはこちら